シンガーUruが12月20日にリリースするファーストアルバム『モノクローム』の特設サイトをオープンした。
Uru_artist_photo
『モノクローム』は、2016年6月のデビュー以来Uruがリリースした5枚のシングルを含む全14曲を収録。
映画「夏美のホタル」主題歌に抜擢されたデビュー曲『星の中の君』、TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2期エンディングテーマ『フリージア』、ドラマ「フランケンシュタインの恋」挿入歌『しあわせの詩』、ドラマ「コウノドリ」主題歌『奇跡』、来年1月13日公開の映画「悪と仮面のルール」主題歌『追憶のふたり』など話題のタイアップソングも多数収録されており、ファーストにしてベストと呼べる充実の内容となっている。

特設サイトでは、カバーソングに対するback number清水依与吏、UVERworld TAKUYA∞のコメントを筆頭に、Uruが主題歌を務める現在オンエア中のドラマ「コウノドリ」主演の綾野剛など、これまでにUruの歌声に寄せらた各界の著名人やスタッフからのコメントも掲載されており、デビューから1年半で積み上げてきたその注目度の高さを改めて伺うことができる。

アルバム店着日となる12月19日にはセルフライナーノーツの公開も予定されており、SNSやブログなどで独特の文体で垣間見えるUruのキャラクターからどんなライナーノーツが公開されるのか楽しみだ。

『モノクローム』は、シングル5曲のミュージックビデオに加えて、デビュー後初のライブ映像が8曲収録された[映像盤](初回盤A)、YouTube活動時からのカバーセレクションと今回のために新たに収録したカバー曲にUruセルフプロデュースによるレコーディングおよびピアノアレンジを施した8曲が収録された[カバー盤](初回盤B)、全14曲の通常盤3形態でリリースされる。

デビュー以前よりYouTubeのカバー動画で活動を続けてきたUruにとってファーストアルバムは、映像盤、カバー盤を含めてこれまでの活動を集約したような作品となっており、デビュー以前から応援してきたファンにとっても、デビュー以降Uruを知ったファンにとっても待望のアルバムリリースとなる。

オンエア毎に話題を呼んでいるドラマ「コウノドリ」とともにヒットを続けるシングル曲『奇蹟』、来年1月13日公開の映画「悪と仮面のルール」主題歌となっている『追憶のふたり』など、アルバムリリースを前に話題に事欠かないUruから、いよいよ目を離すことが出来ない。

©TBS