映画『リベンジgirl』初日舞台挨拶が23日、主演の桐谷美玲をはじめ、鈴木伸之、馬場ふみか、清原翔、竹内愛紗、斉藤由貴、そして三木監督が登壇して行われた。

6名のキャストと監督が登壇すると満員の観客から、大きな歓声が上がり、クリスマスカラーの真っ赤なドレスで登場した桐谷は、「朝早くから、こんなにたくさん集まっていただき、ありがとうございます!撮影から初日までがすごく短かったんですが、その分すごく印象に残る作品になりました!クリスマスということと、初日なので華やかにしようと思い、このドレスを選びました。」と初日の喜びと共にコメント。

_AAA1025

鈴木は、清原、監督ともにパーマ系の髪型であることから、「今日は、男性3名全員の髪型が似ているんですよね(笑)」と挨拶し、会場を沸かせた。続き斉藤は、「桐谷さんを見ているのが眼福でした!そして、敏腕政治秘書という役ですので、キャラクター的には自分とは遠いけど、“如月凪子”というすごく素敵な役名をいただいたので、凪のように美輝を育てていくことを念頭に演じました。」と役に対する思いを語った。

今回ほぼ初共演となるキャストたちは、リレー形式でそれぞれの印象を吐露。桐谷は、鈴木を「すごく強そうと思っていたけれど、寒がりだったり、虫が苦手だったり、高いところが苦手だったり、可愛い印象に変わりました(笑)」と話すと、鈴木は照れた様子でそれを聞いていた。それに対し鈴木は、「桐谷さんは、TVのイメージ通り、ずっと姿勢もよく、凛としていて、真面目なイメージ通りだったんですが、すごく気さくで初日から話しかけてくださったので、現場に参加しやすかったです。」とキャスト同士の仲の良さが伺えるエピソードも披露。

そして、急遽音声が途切れてしまうマイクトラブルにも、鈴木は「俺は地声でいけるから!」と場をつなぎ、先程の桐谷が鈴木に抱く印象とは違った男らしさを魅せた。さらに監督は、斉藤の印象を「ずっと若い時から大好きでして、現場ではセリフを小さい声で練習していて、小動物のようで可愛いと思っていました。」と完全にファン目線からコメント。

すると斉藤は、「正直に申し上げると、私はセリフ覚えが悪く、気をかけてまして(笑)でも、私からすると監督のほうが、小動物のような、ビーバーっぽいと思いました。」と冗談を交え返答した。加えて斉藤は、桐谷の印象を「最初に台本を読んだ時、すごくハードルの高い台本で、なんて難しい役柄なんだと思いましたが、桐谷さんがその役柄を作っていこうとチャレンジしている姿を見て、普段、華奢で可愛らしい容姿に注目が集まりがちですが、彼女の内面の根底にある根性みたいなものを感じました。そして、とにかくなによりも眼福でした!」と話すと、すかさず桐谷は、「頑張って良かったなって思います!!」と嬉しそうに笑顔を見せた。

また先日、京都の清水寺で毎年恒例の『今年の漢字』が発表されたことにちなみ、『リベンジgirl』を漢字一文字に例えるコーナーでは、竹内は、“一番最初の映画で、一番緊張していて、一番心に残る作品になったらいいなという思い”から『一』、清原も、“初めての経験が多かった現場だった”ことから『初』、馬場は、“撮影の現場も愛のある暖かい現場で、愛される力を伝える役柄”から『愛』を、斉藤は“総理大臣を目指し、困難を克服していくストーリー“から、『勝』を選択。そして鈴木は、“美輝のサポート役で 難しい役柄に挑んでいった桐谷”から、『挑。』を、監督は、“キャスト、スタッフ全員が前に進んでいこうという気持ちが感じられた現場だった”ことから『進』と、それぞれの本作に対する思いとともに発表された。最後に桐谷は、「役名でもあり、みんなで一緒に一生懸命頑張って作った作品だし、宝のように皆さんの心に残ってほしいので『宝』にしました!」と作品に対する思いを語った。

作品を心待ちにしているファンに向けて、「初日を迎え、これから見てもらえると思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。頑張る女の子の成長を描いた作品です。この映画を見た後に、また明日から何か頑張ろうって思ってもらえたり、一歩踏み出してみようと、背中を押せるような作品になったら良いなと思います!」語り、舞台挨拶を締めくくった。