昨年末の第50回有線大賞では新人賞を受賞、さらに「第59回輝く!日本レコード大賞」では最優秀新人賞受賞を獲得し、波に乗るハロー!プロジェクトの末っ子、つばきファクトリーが、2月21日に3rdシングル『低温火傷/春恋歌/I Need You 〜夜空の観覧車〜』を発売、さらに翌日2月22日はデビュー1周年ということで、メジャーデビューを飾ったディファ有明に返り咲いた。

IMG_6786

このトリプルA面という3曲にはメンバーの思い入れも強いようで、リーダーの山岸理子が「せつなくてカワイイ曲。私達とデートしてるような気分を味わってもらえるんじゃないかと思っています」と紹介した通り、バーチャルデートが楽しめてしまうMVも話題。

このような雰囲気のMVについて岸本ゆめのは「デート経験が無いのでイメージで挑みました」と語り、小野瑞歩が「スタッフさんに初めて褒めてもらえた」と笑顔を見せると、秋山眞緒も「振り向きがうまいって言われた!」と続き、谷本安美が「最初のセリフ」とセリフパートの話題に切り込むと、浅倉樹々は「初のセリフなのに私だけ深刻そう」とメンバーとの違いを語った。

そして小野田紗栞は「『春恋歌』の私が一番かわいく映ってると個人的には思ってます」「生まれた瞬間からカワイイので」とももち先輩顔負けのキャラを披露すると、小片リサが「最近ずっとこの調子なんです」とサブリーダーらしいまとめで笑いを誘い、新沼希空が「初ロケで明るかったから、みんなカワイク映ってるんだよ」と畳み掛けるというチームプレーを見せた。

最後にはスタッフからサプライズで差し入れられた1周年記念のケーキに大はしゃぎするなど、まだまだ無邪気な面も魅力な「つばきファクトリー」。このグループなら2017年にみせた快進撃を、さらに上回る飛躍の一年を生み出してくれるに違いない。