3/7にリリースとなった三浦大知ベストアルバム『BEST』が、オリコンデイリーCDアルバムランキング(3/6付)で第1位を獲得。キャリアのなかで初めてアルバムランキングで1位を獲得したことが大きな反響を呼んでいる。

軽三浦大知_BEST_Aphoto_1

三浦大知は1997年に小中学生男女7人組ダンスボーカルグループ・Folderのメインボーカルとして弱冠9才でデビュー。ハイトーンボイスを駆使した類まれなるボーカルとダンススキルから『和製マイケル・ジャクソン』と称されるも、変声期をむかえたことにより無理をして歌ってしまうと喉を潰してしまう怖れがあることから、これから先もずっと歌っていくための前向きな決断として、中学生になると同時に活動を休止。5年間の活動休止期間を経て2005年3月、17才でソロデビュー。以後、13年間でひとつひとつ積み上げてきた軌跡をコンパイルした作品が初のベストアルバム『BEST』だ。

フジテレビ「めちゃイケ」オファーシリーズでナインティナイン岡村隆史とともに披露してあらためて三浦大知の存在を広く世に知らしめることとなった『(RE)PLAY』。

初のシングルランキング1位を獲得し幅広い世代から認知されるきっかけとなった『EXCITE』。

ニベアのCMソングとしてテレビで大量にオンエアされるも「すごくいい曲なんだけど誰が歌っているんだろう?」と当時は多くの人に思われていた極上のバラード『ふれあうだけで 〜Always with you〜』。

定点カメラで撮影したダンスリハーサル映像のあまりのシンクロ率の高さから単なるリハーサル映像だったものが映像作品としても大きな評価を得た『Right Now』。

三浦大知の可能性をずっと信じ続けフックアップしてくれた二人をフィーチャーした『No Limit featuring 宇多丸(from RHYMESTER)』、『Your Love feat.KREVA』。などなど、それぞれの曲が内包しているドラマ性を綴るときりがないのだが、シングル表題曲としてリリースされた24曲に、DREAMS COME TRUEから楽曲提供をうけ、三浦大知自身が「夢が叶いました!」と喜びを爆発させた初CD化の『普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered ―』、ベストアルバム用に制作された新曲『DIVE!』の2曲を加えた全26曲が収録されている。

最近のインタビューのなかで、これから先も「変わらずに変わりつづけていく」と言っている三浦大知。

誰よりも歌とダンスが好きで、誰よりも歌とダンスが相思相愛であることを望み、2005年のソロデビュー以降もずっと変わらずに変わりつづけ積み重ねてきた三浦大知。そんな彼の26曲
のエンターテインメントの軌跡がつまったベストアルバム『BEST』を是非体感してみてほしい。