2012年の発売以来、有川浩作品の中でも1,2を争うほど評価が高く、舞台、ラジオドラマ、絵本、朗読劇と、数多くメディアミックス展開された「旅猫リポート」。原作者の有川浩自身も、過去のインタビューで「一生に一本しか書けない物語」と表現するほど思い入れの強い作品で、自ら脚本開発にも参加している。

猫が主要なキャラクターとして登場し、全編にわたって高度な演技が求められることから、映像化困難とされてきた本作が、満を持して福士蒼汰主演で実写映画化される。

tabineko_teaser

原作は猫の目線で描かれているため、昨年の映画化発表以来、猫(ナナ)の心の声を誰が担当するのか、ファンの間では様々な憶測を呼び、話題となっていたが、高畑充希が声を担当することに決定した。
数多くの作品に出演している高畑が、猫の声を担当するのは初めてだが、オス猫の声を見事に演じ切り、物語に生命力と説得力を吹き込んでいる。有川浩原作への出演は「植物図鑑」以来。

また、音楽はコトリンゴに決定。
2016年に公開しロングランヒットとなった「この世界の片隅に」で音楽を担当し、第40回日本アカデミー賞のほか数多くの音楽賞を受賞したコトリンゴが、原作の世界観を柔らかなメロディーと歌で表現し、本作を彩る。映画音楽を担当するのは同作以来。

そして、今回ティザービジュアルと特報予告が完成した。悟とナナのコンビが初お披露目となる。

特報予告では高畑充希演じるナナの声とコトリンゴの曲も初解禁。心優しき青年とツンデレ猫の凸凹コンビと、菜の花畑や富士山など息を呑むほど美しい日本の風景がコトリンゴの音楽ときれいに重なり、見た人を優しい気持ちにさせてくれる。柔らかい雰囲気の中、「さあ行こう、これは僕らの最後の旅だ」「俺の最後の猫がナナでよかった」という意味深なセリフが物語の結末を期待させる。

果たして2人の旅はどうなるのか?映画「旅猫リポート」は10月26日(金)より全国公開。

<高畑充希 コメント>
『植物図鑑』ぶりに有川さんの作品に参加させていただける、ということでお話を伺うと、まさかの、猫!
わたしの実家で幅を利かせているニャンコも、ニャーとかギュルギュルとか、ギャーとか。なんだか分からない猫語をよく発しているので、“猫が話す”というのはなんだか少し、想像がついたのですけれど、さて、自分がやるとなると、どうしたものかなぁ〜、、。
ハテナだらけで向かったアフレコでしたが、俳優猫ちゃんの可愛げのない可愛らしさに夢中になっているうちに、気づいたら終わっていました。
声を担当させていただいてはいるのですが、見所はズバリ、喋らない時の猫ちゃんの顔!
大きな目に映る様々なものに、想像力を掻き立てられてしまいました。

<コトリンゴ コメント>
悟とナナ、その友人たちのように、大切なパートナーや仲間と共に過ごす時間、その一瞬一瞬が愛おしく思える、素敵な作品に参加できてとても光栄です。
今回、音楽を作っていく上での監督さんからのアドバイスの一つに、観てくださったお客さんが思わず口ずさんでしまうようなテーマだといいな、という言葉がありました。
シンプルなようでいて難しく、でもとても大切な事だと思い、制作中は何度も振り返っていました。
この作品を観た後の、あたたかい気持ちがたくさんの方に届きますように。

(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社