昨年12月にミニアルバム『New Beginnings』をリリースし、今年3月には2日連続での配信新曲リリースを発表した伊藤千晃が、3月25日に名古屋市公会堂にてイベントを開催。1部はバースデートークショー、2部はミニLIVEという構成を披露した。

伊藤の地元・愛知県での開催ということで、平日にもかかわらずたくさんのファンが来場。

トークショーでは、最新曲『Wa・Ta・Shi』に対するトークやファンクラブイベント@韓国に向けてのトークを交えつつ、サプライズで古坂大魔王他からのコメント動画も。ファンの質問に答えるコーナーやプレゼント抽選会などもあり、距離の近いイベントとなった。

2部では、初のミニLIVEということで緊張感あふれる中、発表されたばかりの新曲『Don’t look back』で幕を開けた。会場はいきなりテンションはMAXになり、2曲目は12月に発売された『New Beginnings』に収録されている『LOVE or LIPS』でダンサーを率いてのパフォーマンスを披露。

3曲目は『Eternal Story』、4曲目は『ツキミキミ』という未発表曲を初披露。続いてワコールのWEB CM楽曲『happiness』、MCをはさんでナオト・インティライミによるプロデュース曲『Wa・Ta・Shi』、本編最後はソロデビュー曲である「New Beginning」で幕を閉じた。

アンコールでは『Charming Kiss』を客席に降りるサービスをしながらライヴで初披露。最後はファンとの絆を歌った『A Song For You』を歌い上げ、最後のMCでは涙ながらに感謝を伝えた。

終了と思いきや、最後の最後に、この夏にファンクラブツアーを開催することがサプライズ発表された。今回のような歌唱とトークの両方の魅力がみられるイベントとなりそうなので、今から楽しみであるとともに、さらなる音楽的活動を期待したい。