吉高由里子を主演に迎え、働き方新時代に生きるワーキングガールの奮闘を描く「わたし、定時で帰ります。」(TBS)がいよいよ4月16日(火)よる10:00から放送がスタートする。本日、都内で第一話試写&舞台挨拶が行われ、出演者の吉高由里子、向井理、中丸雄一、内田有紀、ユースケ・サンタマリアが登壇した。


“残業ゼロ!定時で帰る!”がモットーの東山結衣を演じる吉高は「放送が待てないくらい、早くみなさんのリアションが見たくて。どうですか、面白かったですか?」と、会場で一足早く観たばかりの観客に向かって問いかけると、盛大な拍手が送られ「お世辞の拍手じゃないことを願って…みなさんも宣伝一緒にやりましょう」と茶目っ気たっぷりの挨拶。


ワーカホリックで結衣(吉高)の元婚約者、種田晃太郎を演じる向井は、役との共通点を聞かれると、「仕事は好きなので、(種田の)考えていることはよく分かります。ただブラック社員みたいなキャッチフレーズですけど、僕も含めて種田も仕事が好きだったり、仕事に対して真面目だからこそ、自分の信念が出て結衣とぶつかってしまう。それぞれの信念があるから、このドラマは面白いのかなと思いますね」との分析。向井の言葉通り、残業をしない、ワーカホリック、産休からの復帰、会社に住み着くなどさまざまな価値観や状況のキャラクターが登場し、その誰もが一概に悪者になっていないところがこのドラマの見どころとなっている。


一方、向井とは真逆の仕事もプライベートも大事にする結衣の恋人、諏訪巧を演じる中丸は、今後、結衣と種田との三角関係を聞かれ、「6話ぐらいの話をここでしていいですか」と何やら大きな展開がありそうな言及をすると「でも、なんか台本変わるらしい。監督からもう見なくていいよって」と向井から衝撃の事実を告げられる。すでに台本を全部読んでしまっていたため「話の流れ好きだったんですけどね。どうにかなりませんかね?」と残念がっていた。そんな中丸は会見中、しきりにハンカチで汗をぬぐう姿が目立ち、吉高やユースケから「一人ゲリラ豪雨」「現場でも小さい扇風機を頭の上からあてている」とツッコまれていた。


最後の挨拶で吉高は「登場人物の誰かしらに共感できると思うので、このドラマを見てちょっと気持ちが楽になったり、また明日も頑張ろうというドラマになっていますので、3カ月間どうぞ見守ってください」とアピールしていた。