2019年4月3日に1stアルバム『17%』をリリース、12日よりアルバムを引っさげた東名阪ツアー MIYUKI WATANABE TOUR 2019 “17%”を開催中の渡辺美優紀が28日大阪・オリックス劇場でツアーファイナルを迎えた。

ピンクの超ミニスカートにツインテールのみるきーが姿を現し、松浦亜弥の『桃色片想い』からライブはスタート。とびきりの笑顔で踊りながら歌う姿にファンの大歓声が響く。「大阪のみなさん、会いたかったー!平成最後のライブですよ!最高の時間を過ごしましょうね!」と呼びかけ、続けて『SUMMER LOVE〜私のYeah Yeah〜』『好きだし』とつんく♂メドレーを披露する。

「17%ツアー最終日です!みなさんの声を聞かせてください!」とコールアンドレスポンスで盛り上げ、令和元年度の近畿大学入学式でサプライズ出演し、初披露した新曲『未来への春』を歌唱。失敗しても未来に向かって飛び立とうと歌った。

NMB48時代のソロシングル『やさしくするよりキスをして』のイントロが流れると会場はさらなる盛り上がりを見せる。アルバム収録曲『りんご麗し 実りの季節』『Milkyway』に加え『乙女心キャンディ』をテンポよくパフォーマンスし、次に歌唱するのは『アシンメトリー』。テディベアを抱きながら、ベッドやドレッサーなどステージ上に用意された”部屋”の中を移動しながら、常に気になる相手のことを考える恋心を表現する。今までのアイドルらしい表情とは全く異なり、大人っぽくしっとりと歌い上げると一旦舞台袖へ。

初めて作詞に挑戦したバラード『Love story』のイントロとともに、みるきー本人によるナレーションが始まり、『Love story』が出来るまでの想いが物語調で語られる。髪を下ろし、白いロングドレスに着替えたみるきーがゆっくりと登場、ステージ中央でスポットライトを浴び、1つ1つの歌詞を丁寧に歌っていく。一転してEDM調の『Myself』が始まり、白いロングドレスから赤いレザー調のストラップレスワンピースに早着替えすると、会場から歓声が上がる。続いて山口百恵『イミテイション・ゴールド』のカバーを色っぽく披露する。

定番の『わるきー』が始まると、ダンサーにお馴染みのツノと尻尾をつけてもらい、アイドルモード全開に。会場も待ってましたとばかりに声を張り上げ、わるきーコールを繰り返す。ダンスナンバー『Perfect Girl』ではキレがよく、ファンを誘惑するようなダンスで大人の色香を魅せる。

歌唱中に生着替えをすることで知られている『ジッパー』では、途中本人が1階客席へ。会場中央に用意された小さなステージに上がると、指名された女性ファンがダンサーの指示のもと、みるきーの衣装のジッパーを下ろす。白い下着姿になり、悲鳴にも近い歓声に包まれながら、みるきーはステージ中央に用意されたプライベートルームの白いカーテンの裏へ。光に映し出された”シルエットみるきー”はセクシーなダンスを披露。高いヒールの靴を脱ぎ、ブラジャーを脱ぐシルエットが映し出されると、会場は騒然となる。次の瞬間、「みなさんびっくりしましたかー!」と黒いミニ丈ワンピースに白いオーバーサイズジャケットを羽織った本人が登場、「みなさんどうでしたか?」と満面の笑みで問いかける。”シルエットみるきー”が本人でないことが分かると、会場からは安堵とも取れる笑い声が沸き起こった。

「今日は私にとって平成最後のライブなんです。こうやって平成から令和になる瞬間を一緒に過ごせて嬉しいです。平成と言いますと、私は平成5年に生まれて、早送りするとNMBのオーディションを受けて、色々な出会いもあり、卒業し、こうしてまた活動再開できて、皆さんと楽しく過ごせて幸せです。ありがとうございます!みなさんが少しでも元気になれるような、笑顔になれるような存在になりたいと思います。皆さん平成ありがとうございました、令和もよろしくお願いします!」とラストに『あの日の空と、私の未来』を歌唱しステージを後にした。

熱いみるきーコールに応えて、アンコールは白いツアーTシャツにミニ丈デニムスカート姿で登場。『Fly With Your Dream』『Milky Land』の2曲を披露し、「本当に最高の最高の1日でした!皆さん本当に今日はありがとうございました!こんなにたくさんの皆さんが私のために集まってくださってることが夢じゃないんじゃないかと思うくらい。もうめっちゃ嬉しいです。ありがとうございます。」と涙ぐみながらファンに感謝を述べた。そして、「ここでお知らせがあります!」とファーストアルバム『17%』に新曲5曲を追加したリパッケージアルバムを7月10日に発売することを発表、アルバムは4月28日19時以降、順次予約受付開始となる。


©roundcell /AG_Nagatomo