週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計発行部数400万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞し、いま一番面白い作品と呼び声が高いコミック『ザ・ファブル』が実写映画化、6月21日(金)に全国公開を迎える。

主人公のファブル/佐藤アキラ役には、岡田准一。共演に、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤二朗、佐藤浩市など超豪華俳優陣が集結した本作で、本編映像を使用した、レディー・ガガが歌う主題歌『ボーン・ディス・ウェイ』ミュージックトレーラーが完成した。

モーショングラフィックやアニメーションを多用し、今までの予告編などのイメージと異なり、アーティスティックに本編映像が展開されていく。映像冒頭では、「伝説の殺し屋」と呼ばれるファブルの様子が幼少期の頃の様子と切り替わりつつ展開され、ファブルが「伝説の殺し屋」に至るまでのファブルの人間性にも触れるドラマティックな始まりになっている。

ファブルは指で額をトントンと叩くことで「殺し屋(ファブル)」と「普通の一般人(佐藤アキラ)」を切り替えるがこの動きにも、映像ではおしゃれにフューチャー。この動きが入ってからの映像中盤からは、「普通の一般人」である佐藤アキラとしてのキャラクター性や、アキラを取り巻くヨウコやミサキ等のキャラクターが曲調に合わせリズミカルに展開。

さらに映像後半には、今回初解禁となったヨウコがハイキックを決めるアクションや、ファブルの落下アクションなども登場。一瞬たりとも目が離せないミュージックトレーラーが完成した。

また、公開まで「5週連続ファブルフライデー」と称し、アクションや笑いにフューチャーした特別映像を毎週金曜日に解禁している。これまでの映像は公式HPチェックしてみよう。


■「ザ・ファブル」
6月21日(金)全国公開
配給:松竹
©2019「ザ・ファブル」製作委員会