1985年から絶え間なくシリーズ出版が続き、宮沢りえデビュー作の実写映画の記憶が色褪せない名作がついにアニメ映画化。2,000万部を発行するベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』シリーズを原作としたアニメ映画『ぼくらの7日間戦争』が、12月13日(金)より全国公開することが決定した。

そして、本作の豪華声優キャスト陣が解禁。学校では目立たない歴史マニアの守を演じるのは、『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンド「DISH//」のVo./Gtとして幅広い活躍を魅せる北村匠海。

守が片思いしている本作のヒロイン綾には、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロインを務めあげ、2018年には『累 -かさね-』と、『散り椿』での演技が評価され日本アカデミー賞新人俳優賞受賞し、今やその透明感溢れる美しさと伸び盛りの演技に主演作のオファーが殺到する芳根京子。

2人の起用理由についてKADOKAWAは「“大人に戦争を仕掛ける”という物語に現実的な説得力を持たせられる俳優さんに守と綾を託したいと思っていました。北村さんと芳根さんなら、これまでの出演作を拝見してきた中で、心に想いを秘める繊細さと大胆な行動力の相反する要素を持ち、守と綾の真意を理解して声を吹き込み、誰もが応援したくなるキャラクターにしてくださると思いオファーしたのですが、リハーサルではお二人のあまりのフィット感にスタッフ全員が驚きました。」とコメント。日本を代表する若い世代に人気の実力派若手俳優が夢の初共演を果たし、新時代の「7日間戦争」を作り上げる。

アニメ好きを公言し、オファーの前から原作を読んでいたという北村は「10代特有の悶々した感情を代弁してもらっている感覚で読んでいたので、今回オファーいただいた時に迷わず『ぜひ、やりたいです』と言わせて頂きました。」と語り、芳根も「小学生の時から図書館にあった作品で、たくさんの方に愛されている作品にこうして携われることが出来て嬉しいです。」と名作シリーズ参加への喜びを語った。また、初共演となるお互いの印象について、北村は「本番に入る前に声を聞いた時、声で引き込む力のある方だと思いました。」とベタ褒めし、負けじと芳根も「北村さんは、とにかく多才だな、と思いました。お芝居やられて、歌もやられて、声のお仕事まで!」と褒め返し、息のあったコンビネーションをみせた。

原作の『ぼくらの七日間戦争』は、それぞれの時代に沿った共感できるストーリーが大きな魅力のひとつでもあるが、北村は「原作はその当時の学生運動とかバックボーンがあるなかで、今回の彼らの“戦争”は現代的でもありながら、この世代の繊細な“吐き出せない想い”を描いていると思います。最後の最後には大きな玉手箱がありますし…!読んでいて本当にワクワクする脚本でした。」と、アニメーション化にあたり現代版にアップデートされた名作シリーズの物語にも期待が高まるコメントを寄せた。

第1作の刊行から34年、初映像化から31年、日本を代表する青春エンターテインメントの金字塔として愛されてきた原作が、ついにアニメーション映画作品で生まれ変わる本作に注目だ。

<監督コメント>
「芝居はセッション。色んな人と演じあうことで良い物が生まれる」と、初対面の時に北村匠海さんが言いました。俳優と声優が一緒に収録出来る現場がそう多くはない中で、『7日間戦争』はその言葉を信念に、冒険する子ども役7人の収録を一緒に行うことになります。その場の誰をも唸らせる入魂の芝居で綾を演じた芳根京子さん、クライマックスの収録はまさに圧巻の一言でした。そしてチームをまとめる潘めぐみさんと鈴木達央さんの存在感を中心に、結束し、頼り合い、導き合う関係になってゆく7人の空気感は、まさに原作が求めた子ども達の姿そのもの。その尊さは、この作品の確かな魅力です。

■映画『ぼくらの7日間戦争』
12月13日(金)全国ロードショー
キャスト:北村匠海 芳根京子 潘めぐみ 鈴木達央 大塚剛央 道井悠 小市眞琴 櫻井孝宏
原作:宗田理『ぼくらの七日間戦争』(角川つばさ文庫・角川文庫/KADOKAWA刊)
監督:村野佑太

配給:ギャガ KADOKAWA

(C)ぼくらの 7 日間戦争製作委員会