テラスハウス TOKYO 2019-2020に出演し話題の田辺莉咲子が第1回パルクール日本選手権フリースタイル部門に出場することが決定した。



田辺莉咲子は、今年NETFLIX、フジテレビなどで放送されている『テラスハウス TOKYO 2019-2020』に出演。エイベックスアーティストアカデミーでアーティストやタレントのフィットネストレーナーとして務める中、パルクールにも取り組んでおり、番組出演時冒頭のインタビューでも、パルクールの大会への出場を目標に活動していきたいと語っていた。

テラスハウス卒業後、本業のフィットネストレーナーの合間にもパルクールの練習を積み重ねてきた。そして、11月に淡路島で行われる第一回パルクール日本選手権にエントリーしたところ、事前の映像審査を通過し、フリースタイル部門で出場が決まった。

出場が決まったことをうけ、田辺は「パルクールの選手として活躍している方々と同じステージに立って、パルクールが出来る事が嬉しい。すごく楽しみです。」と初の大会出場へ声を弾ませる。

とはいえ、パルクールをはじめてまだ半年ということで、「大会まであと2週間だが、自信を持って、自分らしいパフォーマンスが出来るように、自分自身としっかり向き合う時間にしたい。時間に焦る事もあるけど、パルクールの楽しさも忘れずに、前向きな気持ちで練習しています。当日は自分らしく楽しくパフォーマンスして、私らしさや、パルクールの楽しさを伝えられたらいいなと思います。」と意気込みを語った。

さらに、今後の活動や目標について聞くと、「今後、パルクールパフォーマーとしての活動も広げていきたいです。私のパフォーマンスを通じて知ってくれる方々が、「私も頑張ろう!」とか、「チャレンジしてみよう!」とか、人のエネルギーになれる人になりたい。」とさらなる飛躍を誓った。