このたび映像配信サービスdTVは、4月3日(金)から全国公開される山田孝之主演の映画『ステップ』の先行オンライン試写会を3月28日(土)と3月29日(日)の2日間にわたり配信する。

 

山田孝之がシングルファザーを熱演

大切なものを失った人たちが新たな一歩を踏み出す感動作が実写映画化

このたび、dTV会員を対象とした映画『ステップ』の先行オンライン試写会を実施。dTVサイト内の『ステップ』特集ページからエントリーを行い、抽選で選ばれた700人を無料で招待。オンライン試写会の抽選および視聴は2020年3月28日(土)〜3月29日(日)までの期間限定となる。


本作は「とんび」「流星ワゴン」などを代表作にもつ小説家・重松清による同名小説が原作で、30歳の若さで妻に先立たれた主人公とその娘が周囲との交流を通じて成長していく10年間の軌跡を描いた感動の物語。


主演を務めるのは『闇金ウシジマくん』や『50回目のファーストキス』など数々の映画やドラマに出演している山田孝之。亡き妻への想いから男手一つで娘を育てることを決断するシングルファザー役に初挑戦している。





父親役を演じることについて山田は「役者としてその役を演じてみたいというのは、その人の人生を歩んでみたいということ。自分が娘を育てたらどうなるだろう、妻を失ったらどうするだろうということを、健一として経験してみたかったんです」とコメント。さらに「この映画を撮影しながら、家族や妻や子供が元気でいてくれるというだけで、本当に幸せでありがたいことなんだなと思いました」とシングルファザーの大変さと家族の大切さを実感した様子。


また、娘役との接し方について山田は「相手が子供だからといって、無理に距離を詰めようとすることはしませんでした。子供は大人が思っているよりずっと世の中を理解しているし、周りの空気やバランスも見ている。みんな自分の娘だと思って、その年齢の娘がいたらどんな会話をしてみたいかなというところで素直に接していましたし、一緒にいる時間を楽しんでいましたね」と子どもに対する自身の考えも語っている。


そして主人公、健一の1人娘である美紀役には、中野翠咲、白鳥玉季、田中里念の3人が、2歳〜12歳までの3つの年代をそれぞれ担当し、健一と美紀を温かい眼差しで応援する登場人物には國村隼、余貴美子といったベテラン俳優陣をはじめ、広末涼子、伊藤沙莉、川栄李奈など豪華キャストが集結。中川大志が自ら熱烈オファーしてカメオ出演していることも話題になっている。監督には『虹色デイズ』『大人ドロップ』などを手掛けた飯塚健が起用され、山田孝之とは『荒川アンダーザブリッジTHEMOVIE』『REPLAY&DESTROY』以来、3度目のタッグとなる。映画『ステップ』を劇場公開前に視聴できるチャンスをお見逃しなく。

 

『ステップ』

dTVオンライン先行試写会:2020年3月28日(土)0:00〜3月29日(日)23:59
劇場公開日:2020年4月3日(金)
原作/重松清「ステップ」(中公文庫)
監督・脚本・編集:飯塚健
キャスト:山田孝之、田中里念、白鳥玉季、中野翠咲、伊藤沙莉、川栄李奈、広末涼子、余貴美子、國村隼ほか
主題歌:秦 基博「在る」(AUGUSTA RECORDS/UNIVERSAL MUSIC LLC)

配給/エイベックス・ピクチャーズ

(c)2020映画『ステップ』製作委員会