昨年7月に突如、ミニアルバム『FOR THE WORLD』で音楽活動を復帰したリア・ディゾン。


昨年8月にファンミーティング、11月にカジュアルディナーショーと定期的に日本でのライブ活動を再スタートさせた。また両イベント共に、チケットソールドアウトと活動は順調で、この度、リア・ディゾン待望の最新作『ONLY YOU』がリリースされることが発表された。


本作品は、今、世界的にブームとなっている”City Pop”を意識したアップテンポ楽曲。リア・ディゾンのパブリックイメージからは、やはりグラビアのイメージが拭えない。セクシーであり、エロスをそのイメージとして持つだろう。ただ、そのイメージとは真逆で彼女の精神的資質は、いたって庶民的で、趣味といえば料理だったり、セーラームーンが好きだったり、家からも殆ど出ない言わば“オタク気質”に非常に近い。開催したイベントの質疑応答で「また再婚したいなー」と口にしてみたりと、どう考えても言わば”普通の”ピュアな女性なのだ。


そんな彼女の人間性を感じながら、そのピュアを描いた”あなただけ”『ONLY YOU』がリア・ディゾンのEPとして生まれた。カップリング曲には、ダンスナブルなパブリックイメージに寄せられたサウンドのアレンジメントが施された『ONLY YOU』とは対照的に、よりリア本人のピュアな内面を描く為、童謡をイメージした楽曲「宇宙」が収録される。


『ONLY YOU』のMVは世界的に活躍するレスリー・キーがアートディレクションを担当。監督は、レスリー・キーの映像製作チームのアシスタントとして経験を積んだ、若干24歳の三原大地が初監督を担当した。プロデュースは前作から引き続き平原綾香、クリスハート、青柳翔などに楽曲を提供した堂野晶敬が担当。サウンドプロデュースは石田純一の娘としても有名なSumireなどのサウンドプロデュースも担当するTOKYO RABBITのトサキユウキが担当した。