日本テレビ系で絶賛放送中のドラマ『正しいロックバンドの作り方』(毎週月曜深夜24:59〜)は、不器用だけどまっすぐなバンド“悲しみの向こう側”のメンバー4人が、日本最大級の音楽フェス「電撃ロックFes」出場を目指す青春ストーリー。


バンドメンバーはボーカル兼ギターのリーダー・シズマ(藤井流星)とシズマの弟でドラムのテツ(神山智洋)、ベースのオギノ(栗原類)、パーカッションのコバ(吉田健悟)。おバカ(?)で愛すべき4人の並々ならぬ“バンド愛”が反響を呼んでいるドラマだ。 


6月8日放送のの第8話では、「電撃ロックFes」二次審査の結果が判明する日の様子が描かれる。



「絶対に二次審査、合格している!」と強気に振る舞い、審査結果がわかる前から率先して祝勝会の準備をシズマ。そんなシズマだが、第8話で起こるある出来事により、人知れず不安とプレッシャーを誰よりも抱えており、メンバーにその様子を悟られないよう振る舞っていることがわかる。そんなシズマの強気な一面と弱気な一面のギャップが藤井の涙交じりの繊細な演技で表現されており、グッと引き込まれてしまう。


前回の第7話では、ベースのオギノとシズマの過去の話が描かれたが、今話ではパーカッションのコバとシズマとの過去が明かされる。いつもメンバーを盛り上げるムードメーカーのコバが真剣な様子で、落ち込むシズマを励ますのだが、そこで語られる台詞の数々にバンド愛が感じられ、ますます「“悲しみの向こう側”を応援したい!」と思わせてくれる。


シズマの涙の訳は…?波乱の展開が巻き起こる『正しいロックバンドの作り方』第8話は、6月8日(月)日本テレビにて深夜24:59から。



<第8話あらすじ>

シズマ、テツ、コバの3人は、赤川家で、家電にかかってくるはずの事務局からの結果通知を待っていた。「『おめでとうございます、一位通過です!!!』とか言われたらどうする〜?」「『この曲でメジャーデビューしましょう』とか言われたらどうする〜?」既に通過を確信して、紅白の横断幕を張り、お祝いの準備を始める3人。


そんな最中、シズマとテツの母・麦子(ふせえり)が3人に、2階からテーブルを運んで来るように頼む。シズマから、電話が鳴っても絶対に出るなよ!とくぎを刺された麦子だったが、案の定、彼らがいない間に電話が鳴ってしまう。


「シズマ!電話!」と大声で呼ぶも3人は2階から戻ってこない。必死の想いで「合格ですよね!?」と電話に出た麦子だが、「それが……今回は残念ながら……」と無情の通告の後、電話は切れてしまい、愕然とする麦子。意を決して結果を伝えようとすると…、「合格おめでとう!」とクラッカーとともに現れる幸野。続けてオギノ(栗原類)もくす玉を持ってやってきて、どんどん結果を伝えづらい状況に…


果たして、麦子は電話の内容を3人に伝えることができるのか?そして、悲しみの向こう側の未来は消えてしまうのか!?