今年、デビュー満20周年を迎えた氷川きよし。6月9日(火)に発売となった氷川きよし初のポップスアルバム「Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-」。


このアルバムは氷川きよしの新たな世界観を表したニュービジュアルや、アルバムの幅広い音楽性が大きな話題となっている。

そんな中、このアルバムが週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales” (2020年6月22日付)にて1位を獲得した。また、オリコン週間アルバムランキング(6/22付)でも2位を獲得した。

これは、氷川にとって新作アルバムで35作目のTOP10入りとなり、記録を更新した。


男性ソロとしては矢沢永吉(54作)、長渕剛(40作)に次ぐ歴代3位となっている。また、新作アルバムで2001年から20年連続TOP10入りとなり、ソロとしては松任谷由実さん(30年連続)に次ぐ歴代2位タイ(中島みゆきさんも20年連続)。男性ソロなら歴代1位となる。

この好調の中、このアルバムの表題曲である「Papillon(パピヨン)」といきものがかりの水野良樹作詩・作曲の「おもひぞら」が単曲配信にてリリースされることが決定した。

このアルバムからの配信シングルカットは初めてとなる。「Papillon(パピヨン)」は6月23日(火)に、「おもひぞら」は6月30日(火)に2週連続で配信リリース。


氷川きよしコメント

「ビルボード・ジャパンで、今回、氷川きよしの「Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-」が、日本のアルバムセールス首位ということで、とてもうれしく思います。

新しい試みだったのですが、すべてポップス作品のアルバムで1位になれたのは最高に幸せです。世界にたった一つの自分の曲で、みなさんに氷川きよしの世界を楽しんでもらいたいという思いがすごく強くあって制作しました。一曲、一曲への、思い入れも強く、何かをここは妥協しているというところは全くないです。自分の魂を込めて歌って、自分の心と体を通したものを皆さんが聴いて、「氷川きよしもそういう思いで生きてきたのか」と励みになっていただけたらという、そんな思いが届いたんだなという喜びとともに、まだまだこのアルバムを知らない方がおられると思いますので、それこそ、このアルバムが蝶のように羽ばたけるように、ますます頑張りたいと思います。

本当に光栄なことです。応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。

引き続き、「Papillon(パピヨン)-ボヘミアン・ラプソディ-」で盛り上がっていきたいと思います。頑張ります。

氷川きよし

【関連】氷川きよし、いきものがかり・水野良樹作詩・作曲「おもひぞら」MV公開