浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二が出演する実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』が8月14日(金)に全国公開となる。本作の主題歌であるOfficial髭男dismの『115万キロのフィルム』にのせて、実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の本編映像を本作の三木孝浩監督が編集した主題歌特別映像が解禁された。



咲坂伊緒の伝説的人気少女コミック『ストロボ・エッジ』と『アオハライド』。世代を超えて読み継がれるバイブルであり、それぞれ映像化され大きなムーブメントを巻き起こした。そして2020年、両作品の流れを受け継いだ<咲坂伊緒 青春三部作>の最終章である『思い、思われ、ふり、ふられ』が満を持して、実写&アニメーションでW映画化される。


明るく社交的だが、実は自分の本当の気持ちを出すのが苦手な不器用なヒロイン・山本朱里を演じるのは、『君の膵臓をたべたい』(17)で圧倒的な透明感をスクリーンに焼き付けた今最も輝く若手女優・浜辺美波。朱里の義理の弟であり葛藤を抱えるクールな山本理央には、DISH//でのアーティスト活動に加え数々の映画やドラマ、CMでも活躍中の若手筆頭の実力派俳優・北村匠海。そして、内向的でうつむきがちな市原由奈を演じるのは第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを獲得し、次世代のシンデレラとして最注目若手女優の福本莉子。由奈の爽やかで天然な幼馴染だが、自分の夢に関しては、本当の気持ちを言い出せずにいる乾和臣を、『仮面ライダービルド』で注目を集めた新星・赤楚衛二が演じる。



そしてこの度、主題歌であるOfficial髭男dismの『115万キロのフィルム』にのせて、実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の本編映像を数々のアーティストのMVも監督している本作の三木孝浩監督が特別編集。主題歌特別映像が解禁となった。



今回解禁となった映像は、浜辺が演じた朱里ver。「みんなが幸せになる方法があればいい。いつだってその為の選択をしてる」、と自分のことを後回しにしがちな朱里らしい言葉と共に、理央との複雑な関係や由奈との友情、和臣への気持ちの戸惑いが、彼女目線で切なくも美しく描かれている。そしてOfficial髭男dism珠玉のラブソング『115万キロのフィルム』が、それをやさしく包み込み、彩りと深みが増す映像となっている。またラストには浜辺からの「この映画で少しでも皆さんに元気を与えられますように」という直筆のメッセージが。浜辺も、「朱里の送った青春の日々が、感情豊かに詰め込まれていて、自分が演じた日々でもありますが、なんだか眩しく感じました。朱里の心情に寄り添ってくれている素敵な映像をたくさんの方にみていただきたいです」とコメントしている。

この特別映像は、理央ver、由奈ver、和臣verも製作されており、順次解禁されていく予定。また、今回のキャラ別特別映像の解禁とともに、“ふりふらは学生の青春を応援します。“というコンセプトのもと、“映画『思い、思われ、ふり、ふられ』「みんなの115万枚のフィルム」キャンペーン”を開催。尚、このキャンペーンは学生はもちろんのこと、大人でも参加できるキャンペーンとなっており、SNS上で、ハッシュタグ「#ふりふら思い出フィルム」を付け、思い出の写真、または動画を投稿すると、第1弾では三木監督が、応募いただいた写真と動画を組み合わせ、5本目の「“みんなの“115万キロのフィルム」特別映像を作成する。

三木監督も特別映像について「『115万キロのフィルム』は聴く人それぞれの人生に光を当ててくれる素敵な曲で、それならばキャラクターごとの『115万キロのフィルム』を作ってみよう!と盛り上がり、今回の特別映像を編集しました。本作のキャラクター達と同じように、青春まっただ中なみなさんの日々にもそれぞれに特別な輝きがあってそれらを一コマ一コマ繋げたら、きっと素敵な「115万キロのフィルム」になるんだろうなぁとワクワクしています」と語っている。

さらに第2弾ではサイン入りグッズや映画オリジナルグッズが当たるキャンペーンの実施が予定されている。キャンペーン第1弾の募集期間は、本日7月11日(土)〜7月31日(月)。第2弾は、8月1日(土)〜8月31日(月)。



【浜辺美波コメント】
朱里の送った青春の日々が、感情豊かに詰め込まれていて、自分が演じた日々でもありますが、なんだか眩しく感じました。
「115万キロのフィルム」というOfficial髭男dismさんの曲は、もともと存在していた曲だったはずなのに、ふりふらの主人公たちの心情にぴったりで。朱里としては乾くんが、みんなを思って描いた曲のように聴こえて、映画をみたあとにもう一度聴くと、歌詞が染み込んできて、また違った景色が浮かびます。
朱里の心情に寄り添ってくれている素敵な映像をたくさんの方にみていただきたいです。

【三木監督コメント】
「115万キロのフィルム」は聴く人それぞれの人生に光を当ててくれる素敵な曲で、それならばキャラクターごとの「115万キロのフィルム」を作ってみよう!と盛り上がり、今回の特別映像を編集しました。
本作のキャラクター達と同じように、青春まっただ中なみなさんの日々にもそれぞれに特別な輝きがあってそれらを一コマ一コマ繋げたら、きっと素敵な「115万キロのフィルム」になるんだろうなぁとワクワクしています。

まだまだ大変な状況下で、いつもよりはちょっともどかしい日々を過ごしている皆さん。
届かなかった想いや、思い通りにならない悔しさもひっくるめて今だからこその特別な「115万キロのフィルム」を一緒に作ってみませんか?

■実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』
2020年8月14日(金)全国公開
出演:浜辺美波 北村匠海 福本莉子 赤楚衛二 上村海成 三船海斗 古川雄輝 / 戸田菜穂
原作:咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:三木孝浩
主題歌:Official髭男dism「115万キロのフィルム」(ラストラム・ミュージックエンタテインメント)

(C)2020映画「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社