三代目J SOULBROTHERS from EXILE TRIBEの山下健二郎が主演を務める映画『八王子ゾンビーズ』(7月17日(金)全国公開)より、炎天下の撮影現場写真&ダンスシーンメイキング映像が初解禁された。


2018年8月に上演された、鈴木おさむ脚本・演出の舞台『八王子ゾンビーズ』。斬新な設定とインパクトのあるビジュアル、キャスト陣のコミカルなアドリブで中毒者が続出した“新感覚エンターテイメント”が、2020年、再び鈴木おさむの手によって映画化される。

主人公の夢破れたダンサー羽吹はぶき隆たかしを演じるのは、舞台『八王子ゾンビーズ』で初主演を飾り、映画版でも同役で初主演を飾ることとなった山下健二郎。三代目J SOULBROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーとしてだけではなく、情報番組での曜日メインパーソナリティ、ラジオパーソナリティなど幅広い分野で大活躍中の山下が、舞台に引き続き、華麗なダンスとコミカルな演技で観客を楽しませる。

また、夢に破れた羽吹が“自分探し”のために向かった山奥の寺に出現する、成仏できない“訳あり”イケメンゾンビ『八王子ゾンビーズ』たちを演じるのは、『刀剣乱舞』や『テニスの王子様』などをはじめとする大人気ミュージカルに出演している久保田悠来、藤田玲、丘山晴己、高野洸、牧島輝、三浦海里、才川コージ。また劇団EXILEで活躍する小澤雄太も加わり、ゾンビメイクを施したイケメン俳優陣が個性豊かなキャラクターたちを演じている。





そしてこの度、炎天下の撮影現場写真&ダンスシーンメイキング映像が初解禁された。総勢9名の男所帯となった現場。アーティストとして活躍する山下と、主に2.5次元舞台で活躍するゾンビーズたち。今まで交わることのなかった異色の組み合わせだが、現場では見事なケミストリーが生まれた。2019年夏に行われた撮影は過酷な炎天下の中行われたが、山下を中心としたチームの息はぴったり。舞台から続くチームワークはさらに結束し、今回初参加となった三浦・才川もすぐにチームに馴染むことができたという。

目玉のシーンでもある深夜のダンスシーンは、どこかで見覚えのある!?振り付けや”ゾンビといえば”のスリラーダンスまで、見ても楽しい、踊っても楽しい、一糸乱れぬダンスの数々を披露。また別メイキング映像では、撮影中の山下へ大変だったシーンなどについて話を聞いており、鈴木おさむ監督らしいアドリブ満載の自由な演出や膨大なセリフをこなしたゾンビーズチームだからこその仲の良さ、絆の強さが垣間見える映像となっている。





■映画『八王子ゾンビーズ』

2020年7月17日(金)全国ロードショー
配給:東映ビデオ
出演:山下健二郎(三代目J SOUL BROTHERS)、久保田悠来、藤田玲、丘山晴己、小澤雄太(劇団EXILE)、高野洸、牧島輝、三浦海里、才川コージ、早乙女友貴、坂東希(E-girls)、今田耕司(友情出演)、勝矢、RIKACO / 松岡充


(C)2020『八王子ゾンビーズ』製作委員会