韓国エンタメ情報誌として発刊14年目を誇る『韓流ぴあ』。その2020年8月号の表紙と巻頭を飾るのは、2010年にボーイズグループINFINITE としてデビューし、今では若手演技派俳優として注目されるキム・ミョンス(エル)。前作『ただひとつの愛』の天使役で話題になった彼が、最新作『おかえり(原題)』ではネコに変身!?巻頭ではキム・ミョンス(エル)のインタビューをはじめ、『おかえり(原題)』の見どころ紹介。さらに最新作放送を記念した特別企画では、彼の主な作品を振り返っている。俳優として成長したキム・ミョンスを12ページにわたって大特集。


そして『愛の不時着』『梨泰院クラス』の大ヒットで、今再び注目されている韓国ドラマの魅力を3号連続で振り返っていく特別企画『今あらためて見たい! 韓国ぴあ名作劇場』がスタート。事前にSNSで募集したアンケートの結果を交えながら2000年から2006年の懐かしい作品を紹介。半年に1度の恒例企画『2020上半期ドラマ・音楽総決算』と併せて楽しめる内容だ。


巻末の音楽特集には、7月6日に入隊したVIXXのケンが登場、入隊前ラストインタビューを掲載。初ソロアルバム『Greeting』をはじめ、デビュー8年を振り返りる。また、“星の光”につつまれたようなグラビアも必見だ。さらに、今年5月にデビュー1周年を迎えたボーイズバンドONEWEが本誌初登場。バラエティ豊かな音楽性で K-POP界に新しい風を吹き込んでいる彼らの魅力に迫る。

さらに今号は、7月号の表紙を飾ったテギョン(2PM)の連載もスタート。『テギョン(2PM)について深く熱く語る』では、テギョン(2PM)の演技について考察しながら深く熱く語っている。今後はSNS でのアンケートも実施予定となっている。


そのほか、ソ・ガンジュン、チェ・ジニョク、キム・スヒョン&ソ・イェジ、イ・ジュニョク、チョン・ギョンホ、コ・ウォニら、話題作より実力派俳優たちのインタビューや、チャン・グンソクのオンラインファンミーティング『2020 JKS Online STAGE 夢 Dreams』のレポートも掲載。

『韓流ぴあ』8月号は、7月20日(月)に全国書店、amazon、タワーレコードオンライン、7netショッピング、HMV、RakutenブックスなどECサイトほか、韓流ぴあ SHOP(LINE)で発売。なお、一部の書店、EC サイトでの予約購入者には、特製ポストカード(キム・ミョンス(エル)、ソ・ガンジュン、チェ・ジニョク、イ・ジュニョク)をもれなくプレゼントするほか、タワーレコードでは ONEWE、HMV では KEN(VIXX)、7net ではキム・ミョンス A、韓流ぴあSHOP ではキム・ミョンス Bとそれぞれ2L判生写真付版本誌も用意されている。

【関連】2PMテギョン 除隊後復帰ドラマを大特集『韓流ぴあ』7月号