小説すばるで新人賞を受賞するなど、多くの読者を魅了する作家・野中ともその大人気小説『宇宙でいちばんあかるい屋根』(光文社文庫刊)待望の映画化。迷える少女の不思議な出会いと成長をフィルムに収めたのは、第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『新聞記者』の監督・藤井道人。主人公、14歳の少女・大石つばめを演じるのは、2021年春NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロインに抜擢され、今最も注目を浴びる若手実力派女優・清原果耶。本作が映画初主演。

藤井道人監督とは『デイアンドナイト』に続くタッグとなる。つばめの前に現れた老婆・星ばあ役には、数々の映画賞に輝き、『SAYURI』でハリウッド映画初出演以降世界で活躍する実力派・桃井かおり。つばめが恋するお隣の大学生役に、NHK連続テレビ小説『スカーレット』に出演するなど活躍の場を広げる伊藤健太郎。つばめの父役には日本を代表する俳優・吉岡秀隆、つばめの義母役には人気実力を兼ね備える女優・坂井真紀。そして水野美紀、山中崇、醍醐虎汰朗など注目のキャストが集結した。




主題歌は、透明感のある歌声とその詞世界でファンの心を掴む、シンガーソングライターCoccoの書下ろし楽曲『今とあの頃の僕ら』。本作主演の清原果耶が、伸びやかな歌声でヒロインの心の旅を爽やかに歌い上げた。星ばあが教えてくれたあかるい屋根の秘密。懐かしくて愛おしい、大切な心を探す奇跡と愛の物語。

今回、清原果耶演じる主人公・つばめと桃井かおり演じる星ばあの姿を捉えた場面写真が解禁となった。

つばめは家でも学校でもどこか居心地が悪く、憧れの隣人・亨くん(伊藤健太郎)ともなんだかうまくいかない、悩める14歳の少女。そんなつばめの唯一の憩いの場である書道教室の屋上で一人過ごしていると、急に謎の老婆・星ばあに声をかけられる。自由気ままな星ばあに最初は戸惑いながらも14歳の少女と謎の老婆という異色のふたりは同じ日々を過ごしながら心を通わせていく。

今回解禁になった場面写真では、バスに乗り食い入るように外の海を見ているふたりや、キックボードに乗り先を急いでいるような星ばあを必死の表情で引き留めているつばめ、ふたりで仲良くバス停で手を挙げている姿、書道教室の屋上で仲良く寝転び空を見上げている姿が映し出されている。



プロデューサーの前田浩子は「清原果耶さん演じるつばめと(桃井かおりさん演じる星ばあ)のバディ振りは私たちの想像を遥かに超えた存在感で多くの方々を魅了すると確信しています。」と本作の見どころのひとつでもあるふたりが創り出した唯一無二の世界について話している。

各メディアのブレイク女優ランキングや2020年ヒット予測女優部門など様々なランキングでもランクインし、2021年度春のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロインにも抜擢されるなど今最も注目を浴びる彼女が、数々の映画賞に輝き世界で活躍するベテラン女優桃井かおりとタッグを組んだ本作。この夏の“最強のふたり”から、目が離せない。

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は9月4日(金)全国公開。

■『宇宙でいちばんあかるい屋根』

9月4日(金)全国公開
<あらすじ>
お隣の大学生・亨(伊藤健太郎)に恋する14歳の少女・つばめ(清原果耶)。優しく支えてくれる父 (吉岡秀隆) と、明るく包み込んでくれる育ての母(坂井真紀)。もうすぐ2人の間に赤ちゃんが生まれるのだ。幸せそうな両親の姿はつばめの心をチクチクと刺していた。しかも、学校は元カレの笹川(醍醐虎汰朗)との悪い噂でもちきりで、なんだか居心地が悪い。つばめは書道教室の屋上でひとり過ごす時間が好きだった。ところがある夜、唯一の憩いの場に闖入者が―。空を見上げたつばめの目に飛び込んできたのは、星空を舞う老婆の姿!?派手な装いの老婆・星ばあ(桃井かおり)はキックボードを乗り回しながら、「年くったらなんだってできるようになるんだ―」とはしゃいでいる。最初は自由気ままな星ばあが苦手だったのに、つばめはいつしか悩みを打ち明けるようになっていた。

出演:清原果耶
伊藤健太郎 水野美紀 山中崇 醍醐虎汰朗 坂井真紀 吉岡秀隆
桃井かおり

主題歌:清原果耶「今とあの頃の僕ら」(カラフルレコーズ/ビクター)
作詞・作曲・プロデュース:Cocco

脚本・監督:藤井道人
原作: 野中ともそ「宇宙でいちばんあかるい屋根」(光文社文庫刊)
配給: KADOKAWA

(C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会