お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の「火花」に続く2作目の小説であり、大ベストセラー「劇場」が『世界の中心で、愛をさけぶ』、『ナラタージュ』等、時代ごとに新たな恋愛映画のマスターピースを贈り続けてきた行定勲監督の手により実写映画化。


主演を務めるのは、興行収入57億円を突破した『キングダム』の大ヒットの記憶も新しい、今最も輝く俳優、山﨑賢人。ヒロインを務めるのは、『万引き家族』で世界に認められた若き実力派女優、松岡茉優。更に『下忍 赤い影』で主演を務めた寛 一 郎、『全裸監督』、『映像研には手を出すな!』など話題作への出演が続く伊藤沙莉、『あなたの番です』での刑事役で話題となった浅香航大、そして昨年紅白出場も果たした人気バンド「King Gnu」のボーカル井口理ら、多才な顔ぶれが集結した映画『劇場』が、7月17日よりユーロスペース他全国のミニシアター中心に公開となった。


初日の7月17日には、ユーロスペースにてリモート舞台挨拶が行われ、主演の山﨑賢人と行定勲監督が登壇、スケジュールの都合で登壇が叶わなかった松岡茉優はビデオメッセージを寄せた。


加えて、18日はアップリンク吉祥寺・ユーロスペース、19日はシネマジャック&ベティにて行定勲監督が舞台挨拶を行い、公開を待ち望んでいた観客と喜びを分かち合った。



17日より全国18館で劇場公開をスタートした『劇場』は、初日から3日間の動員数:4,393名、興行収入:6,268,650円となった。メイン館であるユーロスペースでは50%の回、アップリンク吉祥寺では全体の60%の回が満席となり、東京以外でも、シネマジャック&ベティ(神奈川)、伏見ミリオン座(名古屋)、シネ・ヌーヴォ(大阪)、シネピピア(兵庫)、KBCシネマ(福岡)にて、満席回が続出、全国の劇場あわせた全上映回数の18.7%が満席となる、大ヒットスタートとなった。


『劇場』は劇場公開同日に、Amazon Prime Video(以下Prime Video)にて全世界独占配信も開始。SNSを中心に本作への絶賛の感想が広まるとともに、「配信で本編を鑑賞した後に改めて映画館で鑑賞した」、「映画館で見た後に配信で見直した」など、〝おかわり“現象も多く見られており、ますますのヒットが見込まれる。


『劇場』

大ヒット公開/配信中

©2020「劇場」製作委員会