GENERATIONS from EXILE TRIBEのレギュラー番組『GENERATIONS高校TV』(ABEMA、ABEMA SPECIALチャンネル)。7月26日の放送では、「GENERATIONS VS八王子ゾンビーズ5番勝負完結編」を放送。さらに、今年から始まった体験学習型の新企画「〇〇科」の第三弾として、今回「スプレーアート科」に挑戦したメンバーたちは、GENE高の教室に合う“巨大看板”を作るべく、アートパフォーマーの☆ファイター☆先生と共に、初めてのスプレーアートに挑戦した。


番組恒例となったオープニングの自己紹介では、いつものように近況報告や一発ギャグを披露するメンバーに対し、白濱亜嵐が「GENERATIONSでパフォーマーをやったり、俳優をやらせてもらってます。白濱亜嵐です!」と普通の自己紹介をすると、他のメンバーたちはすぐさま「うわ〜!」とブーイング。これを受け、白濱は「いつの間にか面白いことをやる空気になってるこの同調圧力を、僕は反対したい!」と声高々に宣言し、メンバーの笑いを誘った。その後、「スプレーアート科」の講師を務める日本スプレーアート振興会会長の☆ファイター☆先生が登場し、デモンストレーションが行われると、高度なテクニックを披露する☆ファイター☆先生に、メンバーは「うわ!すげぇ!」「えぐ!」と感嘆の声を上げた。



そして、1分15秒という短い時間で作品を完成させた☆ファイター☆先生から、スプレーの使い方や簡単な基礎を学んだメンバーたちは、まず「青空と雲」というお題に挑戦。初めのうちこそ「やば!」「結構スプレーの量出るのね…」と戸惑いの声が続出するが、続く「宇宙から見た地球」のお題に挑戦する頃になると、先生から色んな手法を学んだことで「めちゃめちゃ面白い!」と楽しめるまでに。こうして、それぞれ紙や丸い蓋を使って仕上げた渾身の作品が出来上がると、☆ファイター☆先生は「1番うまい」と認定した数原龍友の“太陽を赤く彩った”作品について、「赤い太陽というオリジナリティがよかった。他の色を足す事ができるのがスプレーアートのいいところなので。1色だけでも勿論キレイなんですけど、他の色を足して深みを出す事はオリジナリティが出てた」と称賛の声を上げた。




番組の後半では、7月17日に全国公開した映画『八王子ゾンビーズ』で主演を務める三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの山下健二郎と、映画に出演する豪華俳優陣による「5番勝負完結編」をお届け。ここまで“野菜エアバンド対決”や“太鼓の達人対決”など、様々な種目で競い「2対2」の接戦を繰り広げてきたメンバーたちは、最後の戦いとして、ペットボトルを7人連続で投げてゴミ箱に入った数を競う「ペットボトル連続投げ対決」に挑んだ。


開始前、勝負に負けると、劇中で披露されている“ゾンビダンス”を踊らなければならないGENERATIONSチームは緊張の表情を見せるが、そんなメンバーたちに対し「プレッシャーかけていい?」と攻めの姿勢を見せる山下。そして、宣言通り「色々秘密知ってんで?」「行けんの?」など、2番目に投げる白濱に集中的なガヤを入れていく。そんな山下の思惑通り、プレッシャーに動揺した白濱がミスを連発してしまうと、思わず順番の入れ替えを提案し弱気な姿勢を見せる白濱に対し、数原は「お前、言ってる事がマジでダサい!」と愛あるダメ出し。すると、この光景を見ていた山下が、すかさず「チームで揉めるのやめてもらっていい?(笑)」とツッコみスタジオの笑いを誘った。