女優の吉高由里子と俳優の横浜流星がダブル主演を務める『きみの瞳が問いかけている』(10月23日公開、配給:ギャガ)が、韓国・釜山にて10月21日〜30日まで開催される第25回釜山国際映画祭に特別上映作品として出品されることが決定した。



本作は、目は不自由だが明るく愛くるしい明香里(吉高由里子)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜流星)。光を失って生きてきた二人が小さな勘違いから出会い、惹かれ合っていく運命のラブストーリー。


アジアを代表する映画の祭典として常に世界から注目を集めている釜山国際映画祭。去年の第24回では『万引き家族』の是枝裕和監督が Asian Filmmaker of the year(今年のアジア映画人賞)を受賞するなど日本とのゆかりも深い。『きみの瞳が問いかけている』は本映画祭での上映が国外初のお披露目でインターナショナルプレミアとなる。

吉高由里子の出演作品としては第15 回釜山国際映画祭で出品された『カメリア』(11)以来の出品となり、横浜流星出演の作品での釜山映画祭への出品は初となる。そして、今回出品を受け、吉高由里子、横浜流星、監督の三木孝浩から歓びのコメントが到着した。


日本では、10月23日の全国公開に先駆け 10月15日に1日限定で先行上映も決定している。



吉高由里子 コメント

私にとっても思い入れの深いこの作品が、釜山国際映画祭に出品されることをとても嬉しく、光栄に思います。ひとつひとつのシーンをキャスト・スタッフの皆さんで丁寧に作り上げました。釜山に行くことを楽しみにしていたので、今回、現地に伺うことができなくなってしまい残念ですが、日本で韓国料理を食べながら、この作品を皆さんに楽しんでいただけることを願っています。


横浜流星 コメント

三木監督を始めとしたスタッフの皆さん、吉高さんを始めとしたキャストの皆さんと共に全力を尽くしたこの作品が日本だけで無く、釜山国際映画祭に出品されることはとても幸せです。出来ることならば現地に伺い、皆さんと同じ空間で反応を見たかったので残念ですが、一人でも多くの方々の心にこの作品が届けば幸いです。


三木孝浩監督 コメント

釜山国際映画祭にてインターナショナルプレミアとして本作をお披露目できることを大変光栄に思います。韓国映画のオリジナル版に大いに刺激を受けて作ることができた作品であり、日韓双方の観客の皆さんに楽しんでもらえたら嬉しいです。また、コロナ禍においても映画を通じての国際交流の灯を絶やすことなく、開催に向けて尽力されている映画祭スタッフの皆さんに、深く感謝の意を表します。