玉木宏が主演を務める読売テレビ・日本テレビ系新日曜ドラマ『極主夫道』(初回放送:10月11日(日)夜10時30分〜)。極道のスーパー専業主夫・龍(玉木宏)と舎弟の雅(志尊淳)のエプロン姿の料理教室でのカットと、本編映像が入ったPRスポットが公開された。

本作は「くらげバンチ」(新潮社)で連載中の大ヒットコミックをドラマ化、主演の玉木宏が元極道のスーパー専業主夫・龍を演じ、志尊は龍の舎弟の雅を演じる。

本日公開されたのは、都内のキッチンスタジオで撮影が行われた様子。龍(玉木宏)に極道の世界に戻ってもらいたい舎弟の雅(志尊淳)だが、なぜか料理教室をに連れて行かれることに。そのまま場の雰囲気に流され、2人でコロッケを作るという流れだ。

料理教室ということで玉木だけでなく、志尊もエプロンと三角巾を着用。いかつい極道ルックの2人がエプロン姿でちょこんと並ぶと、それだけで何だかおかしい。料理をはじめると、龍は例によって鮮やかな包丁さばきで食材をカット。いっぽう雅はおぼつかない手つきで、ゆっくり、ゆーっくりベーコンをカットする。そんな雅に向かい「カチこめ!」「ちゃうやろ!」と激励する龍。2人の関係性がうかがえるシーンだ。そして仲良くコロッケを丸め、完成したらみんなで記念撮影と、見ている側も自然と微笑みが浮かぶようなほんわかムードに包まれてしまう。


後半は龍が雅を張り倒すアクションシーン。コメディらしく立ち回りもオーバーアクションで、ノリノリになる玉木。主婦がいかに大変かを語る龍の長ゼリフもあり、見ごたえ十分のシーンに仕上がっている。