浜辺美波と横浜流星がW主演を務める日本テレビのドラマ『私たちはどうかしている』(毎週水曜よる10時〜)より、9月 23 日(水)放送の第7話シーン写真が公開された。


原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数 300 万部の『私たちはどうかしている』(安藤なつみ著、既刊 13 巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜と、横浜流星演じる創業 400 年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、和菓子屋「光月庵」の当主殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合う物語。


18年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、当主の樹(鈴木伸之)を殺した罪を着せられてしまった七桜の母・百合子(中村ゆり)。七桜と椿は幼なじみで初恋の相手でありながら、"容疑者の娘"と"被害者の息子"に…。15 年の時を経て、運命の2人は再会。七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む。お互いの和菓子に対する真剣な思いに触れるうち、距離を縮めていく2人だが、第6話で大旦那(佐野史郎)が主催する茶会の当日、七桜は当主殺害事件が起こった現場で、自分が百合子の娘『さくら』であると今日子(観月ありさ)に宣言。しかし、それを椿が聞いてしまう…! 七桜の裏切りを知ってしまった椿、正体を知られてしまった七桜に、再び悲しい別れが訪れて、第一部が終幕した。




第7話は、あの運命の茶会から3年。七桜の横にいるのは多喜川(山崎育三郎)だった。椿との関係を気にかけながらも、七桜の背中を押し、御菓子作りを支え続ける。「花がすみ」という店を構えた七桜の「今の光月庵には消えてもらう」という言葉の真意とは…!?

一方、親の決めた結婚を破談にし、椿を追いかけ家出してきた元婚約者・栞(岸井ゆきの)。消せない恋心を胸に、光月庵で働きながら椿を支えようと健気に振る舞う。しかし、いくら傍にいても、椿の中に七桜を感じるたび、不安に苛まれる栞。

今回のシーン写真は七桜と多喜川、椿と栞、それぞれの2ショット。七桜と椿の波乱の運命を、多喜川と栞はどのように動かしていくのか。すべての因縁の発端となった、当主殺害事件。女将、大旦那、職人たち、七桜を取り巻く人々の中で、事件の真相を知るのは誰なのか、そして誰が真犯人なのか…!? 


『私たちはどうかしている』第7話は9月23日(水)日本テレビで放送。