SKE48が劇場公演デビュー12周年を記念し、総配信時間30時間以上、総楽曲数188曲以上という配信ライブ『SKE48 Anniversary Fes 2020〜12公演一挙披露祭〜』を開催。10月3日(土)〜5日(月)の3日間に渡り、AICHI SKY EXPOより過去12年間に劇場で行われた12の公演を現メンバーでリバイバルさせるという、SKE48史上初、最大かつ最長の配信LIVEフェスとなる。


この祭典まで、いよいよあと12日となった9月21日よりフェス前日の10月2日まで、SKE48公式YouTubeチャンネルでは「私たちの公演〜Our Performance〜」と題した配信を毎日21時にお届けすることが決定。各公演に出演するメンバー3名が日替わりで登場し、SKE48劇場からそれぞれの公演への意気込みを語る。


1回目となる今回は、10月3日(土)午前9時から、「SKE48 Anniversary Fes 2020〜12公演一挙披露祭〜」のトップバッターを飾る「会いたかった」公演に出演するメンバーから、SKE48キャプテンの斉藤真木子、チームKllの江籠裕奈、そして10期研究生の林美澪の3人が登場。現在の心境やLIVEにかける想い、そして見どころを存分に語っている。


先週発表された、各公演に30名、計390名を配信会場に招待企画と、SKE48劇場での公演入場再開から利用できる「SKE48劇場12周年特別枠権」を抽選で500名にプレゼント企画に加え、新たに、エンドロールに「12周年をお祝いしていただける皆様」として、希望者の名前を掲載する企画も発表された。いずれも、9月27日(日)までの申込までが対象となるので、特設サイトにて詳細ご確認して、是非参加してほしい。


©2020 Zest,Inc.