BTSがアメリカビルボード‘HOT100’チャートで4週連続最上位をキープし、‘チャートイン’ロングランの本格始動を開始した。

アメリカ音楽専門媒体ビルボードが22日(現地時間)発表した最新チャート(9月26日付)によるとBTSはメインシングルチャート‘HOT100’で先週に続き2位を記録した。先月21日発売と同時に韓国アーティスト初で2週連続首位に立ったことに続き、3,4週目にも2位をキープ、「Dynamite」で1か月間爆発的人気を続けている。


「Dynamite」はデジタルソングセールスでも4週連続1位になり、今年同チャート内最長1位記録を立て、‘カナダHOT100’15位、‘メキシコエアプレイ’2位、‘ポップソング’16位、‘ストリーミングソング’17位など多数のチャートで上位をキープした。


他にも「Dynamite」はビルボードが9月19日付チャートからあたら行く導入した‘Billboard Global(アメリカ除外)’チャートで1位になった。200以上の地域のストリーミングと売り上げを集計し、順位を決める‘Billboard Global200’でも2週連続2位にランクインし、強力なグローバルパワーを確認させた。


BTSはビルボードメインアルバムチャートの‘Billboard200’でも2つのアルバムをチャートに入れ、ロングランしている。今年2月発売した韓国4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』は56位、2018年8月発売した『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』は142位を獲得した。

さらに、BTSは全世界SNSを基盤にアーティストの人気を確認できるチャートの‘Social50’でも167週連続、通算197度目1位という大記録を続けている。

そしてBTSは世界最大音楽ストリーミングサイトSpotifyでも発売当日‘Global Top 50’1位で初登場した以来9月21日付チャート5位まで1か月間最上位をキープしている。


Photo by Big Hit Entertainment


<---ブロック---【関連】BTS コンサート「BTS MAP OF THE SOUL ON:E」ライブビューイング決定--->