乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が24日、都内で行われた映画『映像研には手を出すな!』(9月25日公開)の公開記念前夜祭舞台挨拶に、共演の桜田ひより、板垣瑞生、赤楚衛二、メガホンをとった英勉監督とともに登壇した。


本作は「月刊!スピリッツ」にて連載中の話題のコミック『映像研には手を出すな!』(作:大童澄瞳/小学館)を映像化したもので、4月にはTVドラマシリーズがオンエアされ好評を博した。“最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志す3人の女子高校生の姿を、独特な世界観とともに描き出し、作品のアイデアを次々と生み出す、極度の人見知りな主人公・浅草みどり役を齋藤が、超お嬢様でカリスマ読者モデルながらアニメーターを目指している天真爛漫な水崎ツバメ役を山下が、アニメに興味はないものの金儲けの嗅覚と持ち前のビジネスセンスでプロデューサー的立ち位置の金森さやか役を梅澤がそれぞれ演じる。また、映画で初登場となる、音響に異常なこだわりを持つ「音響部」の百目鬼役を桜田が、「映像研」が手を組む「ロボット研究会」でロボット開発に情熱を燃やす小野役を板垣は、小林役を赤楚が演じる。


独創的な原作に触れた際の心境や、演じるにあたっての思いを聞かれた齋藤は「原作はお話をいただいて初めて読んだんですけど、すごく面白いし、見たことのない世界観ですごいなと思ったんですけど、これを自分が演じるというのは想像がつかなかったし、最初は『私には無理です』ってお伝えしていました」と告白し、「もともとすごく人気のある原作だったというのもありますし、自分に自信がなかったので、『私以外に適役はいるので、その方にしたほうがいいと思います』ってお話しさせていただきましたね」と回顧。


そんな役を演じてみようと思ったキッカケを追求されると「なんでやったんだろうな…」と首を傾げて笑いを誘い、「作品に魅力を感じたというのもありますし、スタッフさんの『映像研』に対する愛がすごくて、その愛に負けてしまって、やるしかないと思いました」と語った。


また、専門用語連発の長ゼリフや体を張ったシーンなど体験した齋藤は、苦労した点を聞かれると「ワイヤーで吊るされたり、ペットボトルのロケットを頭にぶつけられたりはあったんですけど、あまり苦労に感じなかったというか、主に監督のおかげで楽しく演じられたんですけど、監督と打ち解けるまでが大変でした(笑)」とぶっちゃけて笑わせ、「お互いにグイグイ行くタイプでもないし、私がかつら合わせのときも『お任せします』『言われた通りに動きます』って感じだったので、“なんだこいつ”って思われたんだろうなと思いました」と吐露。これに英監督は「泣きながら東京の街を歩きました」とコメントして会場を沸かせたが、齋藤がかつらを被り、浅草みどりになると英監督が楽しく話をしてくれたそうで、齋藤は「私が長い髪になって、齋藤飛鳥になった瞬間に、『浅草じゃないから喋れない』って遠くのほうに行かれてました」と打ち明けた。


撮影中に映像研の3人で話し合ったことなどはあったか尋ねられた山下は「撮影前は正直、あまり仲良くなかった(笑)…と言うと語弊があるんですけど、私と梅澤は同期で、飛鳥さんは5年も先輩なので、気を使うことが多かったり、あまり喋ることも少なかったので、役についてもお話しすることもなかったんですけど、過酷な撮影も多かったので、3人で力を合わせないと乗り越えられないシーンも沢山あったので、知らず知らずのうちに仲も深まって、今ではなんでも話せる関係になりました」とニッコリ。


後輩の2人に齋藤が歩み寄ったそうで「私が気を遣わせてしまっているので、どうにかしないとなと思って、でも私がというより、浅草に力を借りたって感じです」といい、「浅草氏モードになったら子どもっぽくいられるし、2人に頼みごとができたので、浅草のおかげで仲良くなったと言っても過言ではないと思います」と分析。これに梅澤も「何度も(齋藤の)頭を叩かせていただいたんですけど、金森がなかったら恐れ多すぎて叩けないので、力を借りました」と語った。


VFXの撮影の大変さを聞かれた梅澤は「大変でしたよね。見本がダンボールや風船を浮かせて『このスピードで動いています』って感じで、みんなで同じものを想像して撮影したので、すごく大変だったんですけど、完成を見たら完璧でした。ちゃんと同じものがそこに見えているし、撮影は苦労しましたけど、息もピッタリでした」と仕上がりに自信を覗かせた。


また、隠れた名シーンの紹介を求められると、齋藤は「個人的なものだと、ロボ研と映像研が分かり合う瞬間があって、そのあとに金森が『こういうところに作品を出します』って言ってくれるんですけど、みんな作品を展示できるのが嬉しいので喜んでハイタッチとかするんですけど、私は小野とは1度もハイタッチしていなくて、小野は来るんですけど浅草は嫌がるというシーンは、個人的に楽しく演じられたのでポイントかなと思います。あそこだけは素な感じでいけました」と明かし、小野を演じた板垣は「舞台裏でもそんな感じでしたし、本番でもそんな感じだったので、すべてが役作りでしたね」と嘆いた。


同じ質問に、山下は「浅草氏と水崎氏が、金森さんに頼まれておつかい的なことをするシーンがあって、それを初めて台本で見たときに、この映画はガチでふざけるんだなと思って、(某番組にそっくりで)大丈夫かなって心配になったんですけど、完成されたものを見たら“まんまだ”と思って、2人とも5歳児なんですよ。すごくかわいくて癒しの時間なので、そこはちゃんと見てほしいなと思います」とアピール。「子どもっぽくして」との指示が出た際に、山下がやり過ぎてしまったそうで、山下は「おつかいにも行けないレベルの小さい子みたいな感じになっちゃって、そこでNGを出してしまったのは飛鳥さんに申し訳ないなという気持ちです」と謝罪した。


そして梅澤は「グッと来るシーンがあるんですけど、浅草が現実的ものに直面して、批判の目が怖くなって一からやり直そうってなるシーンで、金森が浅草にビシッと言葉をかけるシーンがあるんですけど、そこは浅草と金森の関係性だから言えたことでもあり、言葉をかけられたときの浅草の目がすごくまっすぐで、ウルウルしている感じがグッと来るので、全編通して笑えるシーンが多いんですけど、真面目なシーンなので、そこはたくさんの方に響くシーンになるんじゃないかなと思います」とオススメした。


最後に、メッセージを求められた英監督が「もう1回(続編を)作りたいなと思っているんですけどね。いっぱい見てくれたら東宝さんが動くと思いますので」と期待を寄せると、齋藤は「撮影環境が劣悪過ぎたので、暖かくて緩やかな時間が流れるようなロケ地であれば、続編をお願いしたいです」と本音を吐露して会場の笑いを誘った。