吉高由里子横浜流星が24日、都内で行われた映画『きみの瞳が問いかけている』の公開記念イベントに三木孝浩監督と参加した。




舞台挨拶中盤では主題歌「Your eyes tell」を書き下ろしたBTSからビデオレターが届いた。このサプライズに吉高は「超嬉しい!世界No.1から!ヨシタカサーンって言われた!」と大喜び。最近ボクシングを始めたというジョングクから、キックボクシングシーンについて聞かれた横浜は「トレーニングは1ヶ月くらい。ジョングクさん、もし僕でよければいつでも教えますよ。一緒にスパーリングしましょう」と呼びかけていた。


横浜が演じたキックボクサー・塁の設定について三木監督は「韓国映画の日本版リメイクをやるにあたり、塁を明香里(吉高)よりも年下の設定にしたかった。わざと汚して、その姿が母性本能をくすぐる。雨に濡れた子犬理論と言うか、守ってあげたくなる感じを出したかった」と狙いを説明。役作りのために人生初パーマをかけたという横浜は「ビジュアルも監督と相談して。普段はストレートですが、初めてパーマをかけました。全部に無頓着に汚れた感じを出したかった」とこだわりを明かした。


この日の舞台挨拶の様子は全国225スクリーンへ中継された。なんとその発案者は横浜だという。それを指摘された横浜は「ここにいるみんな(吉高・三木監督)の『見てもらいたい』という思いをプロデューサーに伝えただけです」と恐縮。すると吉高は「その発想が凄いよ。なに?起業家!?」とファン思いの横浜の神対応に驚き、横浜は「思いが溢れただけですよ」とはにかんでいた。


本作の反響について横浜は「インスタのコメントで沢山の方々が『見たよ』と言ってくれて。しかも複数回見てくれる人もたくさんいて。熱い感想をくれるので嬉しい。沢山の人に届いて愛されたら嬉しい」と期待。すると客席に手作りボード持参の横浜ファンの男性を見つけた吉高は「それ自分で作ったんですか?あら〜!手先の器用な男の人ですね〜。ボタンとか縫ってほしい」とユーモア交じりにイジっていた。