ワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、2021年に映画『ハリー・ポッター』シリーズが20周年を迎えることを記念して、この秋より『ハリー・ポッター』および『ファンタスティック・ビースト』のアニバーサリー企画をスタート。



世界中で愛され、現在も人々を魅了し続けている、J.K.ローリングにより生み出されたファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズは、1997年に第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」が発売されてから瞬く間にベストセラーとなり、現在までに80言語に翻訳され、日本では1999年に初めて出版された。2001年には映画『ハリー・ポッターと賢者の石』、翌年に映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』が公開、その後、2011年までに全8作が製作され、大ヒットシリーズとなった。


映画20周年の様々なアニバーサリー企画の一環として、『ハリー・ポッター』シリーズ第1作の『ハリー・ポッターと賢者の石』が初の3Dでの“体感型”4D上映が決定、11月6日より全国にて公開となる。


この度、公開を記念して主人公ハリー・ポッターの親友ハーマイオニー・グレンジャーの吹き替えをシリーズ通して担当した須藤祐実からコメントが到着!


ハーマイオニーとして魔法世界を冒険した日々を振り返って「公開当時まだ生まれていなかった小さなお子さまからも、ハーマイオニーが好きと言ってもらえる機会がすごく多いんです。そんな素敵な作品に携われたこと、ハーマイオニーと出会えたことは、わたしの一生の宝物です」と振り返る須藤は、初3Dでの“体感型”4D上映に「日本で3D映画が出始めた頃、『ハリポタが3Dで観られたら絶対面白いのになぁ…』と思っていたので、本当にうれしいです!わたしは4D映画未体験なので、賢者の石で4Dデビューしたいと思います」と大きな期待を寄せている。


遂にスタートする『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3Dでの“体感型”4D上映、そしてファンタスティックなハリー・ポッターイヤーの幕開けにご期待いただきたい。


須藤祐実コメント(「ハリポタ」シリーズ ハーマイオニー・グレンジャー吹き替え担当)

『ハリー・ポッター』20周年おめでとうございます。少女だったわたしも、いまや一児の母。月日が経つのは早いものですね。賢者の石は、シリーズの中でも特別何度見ても心躍りますよね。それが劇場で4DX3Dで体験できるなんて!日本で3D映画が出始めた頃、「ハリポタが3Dで観られたら絶対面白いのになぁ…」と思っていたので、本当にうれしいです!わたしは4D映画未体験なので、賢者の石で4Dデビューしたいと思います。20年前、わたしは家族や親友と映画館へ観に行きました。また一緒に観に行けたら楽しそう!みなさんも当時の思い出を振り返りながら、ぜひ特別なドキドキわくわくを劇場で体感してください。20年経ち色褪せるどころか、ますます愛され続ける「ハリー・ポッター」シリーズ。公開当時まだ生まれていなかった小さなお子さまからも、ハーマイオニーが好きと言ってもらえる機会がすごく多いんです。そんな素敵な作品に携われたこと、ハーマイオニーと出会えたことは、わたしの一生の宝物です。幼い頃、魔法使いになりたかったわたしの夢を叶えてくれたように、これからもみなさんの夢や希望となって輝き続けますように。ゲームやテーマパーク、ミュージカルなど、まだまだ新しいコンテンツで「ハリー・ポッター」の世界を味わえるなんてうれしい!20周年yearを一緒に楽しみましよう!


映画『ハリー・ポッターと賢者の石』初となる3Dでの“体感型”4D上映

上映バージョン:4DX3D吹替版、MX4D3D吹替版

11月6日(金)より全国の4D劇場82館にて公開