綾野剛が主演を務める映画『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−』(11/13公開)より、物語が動き出す緊迫の本編映像が解禁された。


“どんでん返しの帝王”の異名を取り、数々の傑作を世に送り出す人気作家・中山七里のクライム・サスペンス小説・犬養隼人シリーズ「ドクター・デスの遺産」を初映画化した『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』。


俳優・綾野剛が主人公の警視庁捜査一課の検挙率No.1を誇る敏腕刑事・犬養隼人を演じ、北川景子は綾野演じる犬養のバディである捜査一課の頭脳派No.1の冷静沈着な女性刑事・高千穂明日香を演じる。他にも、岡田健史前野朋哉青山美郷石黒賢らが、犬養&高千穂と同じ警視庁敏腕捜査チームとして脇を固める。


破天荒な直感型の刑事・犬養と常に冷静沈着な相棒・高千穂は謎に包まれた連続猟奇殺人犯ドクター・デスの正体を暴こうと奔走するが捜査は難航を極め、手掛かりにたどり着けない日々を送っている。被害者遺族はドクター・デスをかばい、有力な証言を得られない二人だったが、わずかな手掛かりを基に行き着いたその先で衝撃の真実を知ることになる。



そんな本作より、ドクター・デスの正体に近付く緊迫の本編映像シーンが解禁となった。映像では、ドクター・デスの手掛かりを見つけるため、ごく普通のアパートに訪れた犬養と高千穂だったが、隣の部屋の”違和感”に気付いた犬養が豪快にドアノブを蹴破り突入するシーンが収められている。


強引すぎる行動を取る犬養に不快感をあらわにする高千穂だったが、突入した部屋にあったのは安楽死を手口に殺害された被害者の顔写真だった。ドクター・デスにより殺害された被害者を撮影した写真を見て顔に恐怖をにじませる高千穂、そしてこみ上げる怒りを抑える犬養の表情が印象的で、部屋の片隅には破り捨てられた犬養の名刺があり、ドクター・デスに一度会ったことがあるという驚愕の真実を知る。


ドクター・デスの狙いは犬養なのか、真の目的は一体何なのか、そしてドクター・デスの正体は一体誰なのか。最終対決に向けて物語が大きく動き出す重要なシーンとなっている。追う側であったはずの二人が追われる側になっていることを知った先に待ち受ける物語の真相に注目だ。




■『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−
2020年11月13日(金)全国ロードショー
出演:綾野剛 北川景子 岡田健史 前野朋哉 青山美郷 石黒 賢
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会