東大阪市をPRしていく「チーム東大阪アンバサダー」に、元ラグビー日本代表選手の大西将太郎さんと共に、SKE48 キャプテンの斉藤真木子が就任し、東大阪市役所にて野田義和市長より委嘱状が交付される委嘱式に出席した。


東大阪市では、同市のPR及び情報発信や、市の魅力をPRするための事業・イベントに参加、協力していく「アンバサダー」を創設。「チーム東大阪アンバサダー」として大西将太郎さん、斉藤真木子が就任し、「ブランドアンバサダーオブ東大阪」としてアフリカ・タンザニアで、学校への寄付やストリートチルドレンの支援を通して、自立と共生を目指すための起業に取り組まれている峯開美さんが就任されました。


「チーム東大阪アンバサダー」の大西と斉藤は共に東大阪市出身で、今年3月に公開された東大阪市のシティプロモーション動画にも出演。東大阪市の魅力をこれまで以上に発信していく。



<斉藤真木子 コメント>

本日の委嘱式にてチーム東大阪アンバサダーに任命頂きました。自分が生まれ育ったこの街にこのような形で関わることができて大変光栄に思います。これまでもゆるキャラグランプリや、シティプロモーションへの出演などたくさん活動させていただきましたが、今後は現在開催中のひがしおおさか体感まち博をはじめとした東大阪市の魅力を伝えられるよう、愛知県と同じくらい東大阪を愛して盛り上げていきたいです。


©2020 Zest,Inc.