11月7日公開のアニメ映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』の初日舞台挨拶が同日、都内にて開催。声優の花澤香菜櫻井孝宏宮野真守が登壇したほか、本作でアニメ声優に初挑戦したフリーアナウンサーの宇垣美里がMCとして出席した。



『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』は中国の漫画家、アニメ監督のMTJJ及び寒木春華(HMCH)スタジオが制作したアニメ作品。人間に住む場所を追われた黒猫の妖精シャオヘイ役を花澤、そこに手を差し伸べる植物を自在に操る妖精フーシー役を櫻井、人間でありながら最強の執行人であるムゲン役を宮野、そして主人公であるムゲンとシャオヘイを人間の街に迎える花の妖精役を宇垣が務める。


声の収録を1人ずつ行った関係で、今作で顔を合わせるのはこの日が初めてだという花澤・櫻井・宮野。花澤は「人見知りしちゃって(笑)。さっき控え室で櫻井さんに『フーシーの最後の叫ぶところとか、ちょっと、新鮮で、あの』とか言っちゃって。私気持ち悪いなと思いました」と苦笑すると、宮野が「ファンじゃねぇかよ」とツッコミ。花澤の「私気持ち悪い」に対して櫻井が「気持ちよかったよ」と独特のフォローを返すと、宮野が「気持ちよかったもちょっとおかしい」と指摘し、笑いを誘った。


また宇垣が「花の妖精役をさせていただきました。本当に作品の中でムゲンとシャオヘイとお話ができたのですごくうれしかったです」と振り返ると、花澤が「私は宇垣さんのことが大好きなんですよ」と告白。宇垣は「うれしー!」と喜び、花澤は「宇垣さんの出演されているラジオをずっと聴いていまして、そこで宇垣さんが活き活き喋られているのを聴いていて、花の妖精は宇垣さんにピッタリだなって」と絶賛した。これを受け宇垣は「今の言葉を胸に、冥土の土産とさせていただきます」と恐縮。宮野は「逝かないでー!」とツッコんでいた。


同作がシャオヘイの成長を描いていることにちなみ、キャスト陣に「最近成長した出来事」を聞いた場面では、宮野が「この状況下の中で、エンタメがどうしようかってなったときに無力感に苛まれまして。だけど足を止めちゃいけないなって本当に思ったんですよ。どうにか繋がれる道はないかと試行錯誤していくうちに、エンタメもちょっとずつ息づいてきて」とコロナ禍におけるエンターテインメントへの思いを吐露。


続けて「先日舞台やりまして。お客さんの前で。しかもそれはこの状況下だからこそ考えられた2人芝居という最小限の中でやる舞台。その限られた制限の中でやる芝居が、僕にとっての人生最大のチャレンジになるくらいの膨大なセリフ量だったんです。それを経て『俺こんなにセリフ覚えられるんだ』って思ったし、これを経験して強くなったなって。成長という意味では自分の中でひとつ大きな経験値が、この状況下の中でも得られるんだなという思いをしました」と語ると、花澤は「素敵ー」と頷いていた。



映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』は、全国公開中。

配給:アニプレックス、チームジョイ

© Beijing HMCH Anime Co.,Ltd