『美女と野獣』『アラジン』など数々の実写映画を次々とヒットさせてきたディズニーが贈る、誰も観たことのないファンタジー・アドベンチャー『ムーラン』が、2020年11月20日(金)にMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売される。(※デジタル配信中)

1998年に公開されたディズニー・アニメーションの傑作『ムーラン』の主人公として、世界中で愛されてきたムーラン。この、ディズニーのヒロイン像を変えたと言える唯一無二の存在である少女ムーランの物語を空前のスケールで実写映画化し、感動のドラマとスペクタクルな戦闘シーンが織りなす本作。

愛する人を守るため、本当の自分を隠して闘うディズニー史上最強ヒロインである主人公ムーランを演じるのは、大抜擢されたアジアン・ビューティーのリウ・イーフェイ。脇を固める俳優陣には、コン・リージェット・リー、ドニー・イェンなど、世界で活躍しアクションにも定評がある実力派スターが結集した。


実写版『ムーラン』で魔女シェンニャンが描かれた訳

アニメーション版には登場しない重要なキャラクター・魔女のシェンニャンは、魔女であるがゆえに王国の中での居場所を与えられず、ボーリー・カーンに加担して自分の居場所を取り戻そうとする。居場所が見つけられないという点ではムーランと同じだが、正直に自分をさらけ出し、守りたいものを守るという信念で居場所を獲得していくムーランと、自分を追いやった他人を滅ぼすことで居場所を作ろうとするシェンニャンは対照的とも言える。最終的にシェンニャンはムーランに感化されることから、ムーランの強い信念と居場所を獲得するプロセスが、今作の大きなメッセージの1つとして挙げられる。


実写版『ムーラン』でムーシューとクリキーが描かれていない訳

アニメーション版『ムーラン』で、ムーランの相棒として登場するのは守護竜ムーシューとこおろぎのクリキーだが、実写版『ムーラン』には登場していない。ムーシューに代わって、ムーランの相棒であり守り神として登場するのはフェニックス。フェニックスは、ムーランに合わせてその姿を変えていくことから、ムーランの成長を視覚的に表す存在としても描かれている。また、クリキーにあたるキャラクターとしては、ムーランの同期の兵士クリケットがクリキーの要素(幸運であるという点)を引き継いでいると見られる。



日本版声優には、主人公ムーラン役に“元宝塚男役トップスター”の明日海りお、実写版オリジナルキャラクターの“魔女”シェンニャン役は、ディズニー作品初の吹替参加となる小池栄子、さらに日本版エンドソングを歌う城南海の歌声も大きな話題となった。


今回発売されるMovieNEXには、スタッフ、キャストのインタビューを集めた「新しい挑戦」や悪役にフォーカスした「力強く美しい悪役たち」などの貴重なボーナス・コンテンツも収録している。



『ムーラン』
デジタル配信中/11月20日(金)MovieNEX発売
© 2020 Disney
発売/ウォルト・ディズニー・ジャパン