成田凌清原果耶のW主演作『まともじゃないのは君も一緒』が、2021年3月19日(金)より全国公開することが決定し、キービジュアルと特報映像が解禁された。

主演の成田凌は、映画『スマホを落としただけなのに』で2019年の日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、昨年は、周防正行監督作品で自身の初主演作となった『カツベン!』のほか、『愛がなんだ』『チワワちゃん』『翔んで埼玉』『さよならくちびる』『人間失格太宰治と3人の女たち』などに出演。さらに2020年は、『スマホを落としただけなのに囚われの殺人鬼』『弥生、三月-君を愛した30年-』『糸』『窮鼠はチーズの夢を見る』と出演作が続き、さらに、2020年度後期NHK連続テレビ小説『おちょやん』(ヒロイン竹井千代の夫となる天海一平役)出演が控える。

清原果耶は、2019年『愛唄–約束のナクヒト–』『デイアンドナイト』『いちごの唄』に出演しその圧倒的な存在感と演技力で一気に注目を集め、第32回日刊スポーツ映画大賞 新人賞を受賞、さらにドラマ初主演となった『透明なゆりかご』では東京ドラマアウォード2019主演女優賞、さらに日本映画テレビプロデューサー協会が選定する2020年エランドール賞新人賞を受賞するなど、弱冠18歳にして実力派女優としての地位を確立し、2020年は、『宇宙でいちばんあかるい屋根』『望み』『ジョゼと虎と魚たち』と出演作が続き、2021年は『花束みたいな恋をした』『夏への扉-キミのいる未来へ-』『砕け散るところを見せてあげる』が控える。さらに、2021年度前期連続テレビ小説『おかえりモネ』ヒロイン役が決定している。

そんな注目と期待の高い二人が演じるのは、普通がわからない男と、普通を知ったかぶる女。成田が演じるのは、「世間知らずにも程がある!」世の中の常識や普通が分からない男・大野。「普通に結婚して、普通に暮らしたい」と思うが世間に馴染めず、自分の何が普通と違うのか分からないでいる。清原が演じるのはSNSなどあらゆる情報から、世の中を知ってるつもりでいる女子・香住。得意げにアドバイスするが、実は恋愛未経験で内面はウブ。大野は、香住によって、初めて異性に好意を抱き、色んなことを知るきっかけになる。一方、香住は「先生は普通以下。だから私の言うことを聞いて。」と、大野が何もしらないことをいいことに、言いたい放題、やりたい放題。「女の人と付き合えるようになる練習」と言って、ある女性に大野を接近させることで、物語は、おかしな方向へ進んでいく。

監督は吉高由里子主演の『婚前特急』や、橋本環奈主演の『セーラー服と機関銃 卒業』の前田弘二。脚本は『そこのみにて光輝く』の高田亮。『婚前特急』『わたしのハワイの歩きかた』でタッグを組んできた監督・前田弘二×脚本・高田亮が再びタッグを組み、作品全体を優しい雰囲気で包みながらも、日常の中での人と人のコミュニケーションのすれ違いや距離感のズレ、不器用さを、毒気とコミカルさを交えて描いたオリジナルストーリーである。

この度解禁となったキービジュアルは、成田凌と清原果耶のインパクトのある表情の顔の切り抜きが並ぶ斬新なキービジュアル。タイトル『まともじゃないのは君も一緒』に対し、「いたって普通の映画です。」というコピーが本作のおかしみを伝える1枚だ。「ま」「と」「も」「じゃ」「ない」「のは君も一緒」の映画タイトル文字は、個性的な世界観で注目を集めるイラストレーター福嶋舞が担当。そしてこのキービジュアルが使用されたチラシが、今週末より映画館で展開される予定。

特報は、清原演じる香住が「もったいないね!中身がまともだったら絶対彼女できると思う」と成田演じる大野に言い放ち、それを不思議そうに「まとも?」と大野が返すシーンから始まる。あいみょんなどの楽曲プロデュースも行っているクリエイター関口シンゴによる軽快な音楽がリズムよく流れるなか、「先生のこと好きなんです」と告白する女性に対し「それ定量的に言ってもらえるかな」とピントがずれた発言をする大野。香住の「先生、一生結婚できないと思う」という言葉に衝撃を受ける大野。「普通に結婚がしたいんだよ」と言う大野に「先生は普通以下!だから私の言うことを聞いて」と畳み掛け会話の応酬が続く。ラストは「世の中の《普通》に馴染めないおかしな二人の奮闘記」というコピーが浮かび上がる。全く噛み合わない主人公たちを演技派二人が見事な会話劇で演じた、観るものをその世界観に引きずり込む特報映像となっている。


■映画『まともじゃないのは君も一緒』

2021年3月19日(金)全国公開
出演:成田凌 清原果耶
配給:エイベックス・ピクチャーズ

(C)2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会