2020年2⽉に渋⾕ストリームホールにて開催を予定しており、新型コロナウイルスの影響で延期していた『2020 AKB48新ユニット︕新体感ライブ祭り♪』のAKB48新ユニット3組の振替公演が、11⽉28⽇・29⽇の2⽇間、AKB48劇場で開催された。 


約1年前となる 2019 年 12 ⽉ 8 ⽇に⾏われた『AKB48 劇場 14 周年記念公演』がきっかけとなり誕⽣した AKB48 の新ユニット8組。 そのうち、小栗有以山内瑞葵ら 5 ⼈構成の新時代アイドルユニット「I×R(アイル)」、次世代ホープユニット「HUETONE(ヒュートーン)」、癒し系ユニット「Honey Harmony(ハニーハー モニー)」、スタイル抜群のガーリッシュユニット「TinTlip(ティントリップ)」、歌唱⼒に定評があるメンバーが揃った「Melisma(メリスマ)」以上5組のユニットは、今年 2 ⽉ 22 ⽇〜25 ⽇に渋⾕ストリームホールにて開催された『2020 AKB48 新ユニット︕新体感ライブ祭り♪』でお披露⽬ライブを開催したが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた残り3組のユニット振替公演が『2020 AKB48 新ユニット︕新体感ライブ CONNECT 祭り♪』と題して、11 ⽉ 28 ⽇・29 ⽇の2⽇間に渡り AKB48 劇場で⾏われた。 


AKB48初のバンドユニット『Lacet(レセ)』圧巻のバンド演奏を披露︕ 

行天優莉奈(ベース)・齋藤陽菜(ギター)・髙橋彩音(キーボード)・高岡薫(バイオリン)・吉橋柚花(ドラム)・向井地美音(ボーカル / ギター)の 6 名で構成された本格派バンド。『1994年の雷鳴』を⽪切りに演奏をスタートし、メンバー紹介を挟んで『After rain』『ヘビーローテーション』を披露。髙橋がユニット名の由来について「『Lacet』は、フランス語で “靴紐” という意味なんですけど、私たちが初めて⽣演奏した「靴紐の結び⽅」や、バンドの “結束⼒” を靴紐に例えてこの名前になりました」とコメントした。 髙橋がピアノで AKB48 メドレー、⾼岡がバイオリンで『情熱⼤陸のテーマ』、齋藤がアコースティックギターで『初⽇』を弾き語りで披露し、各メンバーが楽器を始めたエピソードについて話した。この⽇のために、かなりの練習を積んできたメンバーたち。譜⾯に数字を書き覚えるといった独特の練習法の⾏天や、ドラムの動画を⾒て体にリズムを刻み込んだという吉橋、さらに向井 地・齋藤の 4 ⼈で『⻘くさいロック』を披露した。 MC では「歌詞当てクイズ」を⾏い、⾼岡は「これファンのみなさんの間でもやってほしいよね」 とコメント。解答に悩む姿も⾒せたが、正解の曲がかかると「これだ︕」と踊りだすメンバーたちを、ファンも拍⼿やペンライトで応援。 本編ラストは AKB48 のバンド楽曲としておなじみの『GIVE ME FIVE︕』を披露。


アンコールでは齋藤が「思ったよりあっという間にここまできました。充実感がとてもありました︕『Lacet』 の魅⼒が伝わったと思います。また機会があったらパフォーマンスを⾒せたいです」とコメント し、向井地は「⼈⽣でガールズバンドを組むのが夢でした。それも AKB48 で出来たことが幸せでした。チームもバラバラな普段だったら集まらないこの 6 ⼈で組めて嬉しかったです。Lacet セカ ンドライブできるように頑張ります︕」と挨拶。バンド名の由来にもなった楽曲『靴紐の結び⽅』 で『Lacet』公演の幕を閉じた。 


●『SENSUALITY(センシュアリティ)』セクシー&クールな公演でファンを魅了︕ 

ファッション誌のモデルをつとめる加藤玲奈や、韓国での⼈気も⾼い宮崎美穂をはじめとした、 込山榛香篠崎彩奈左伴彩佳茂木忍の 6 名で結成された「SENSUALITY(センシュアリテ ィ)」。 初お披露⽬となる今回は、『点滅フェロモン』、『従順な slave』など⼤⼈な雰囲気の 4 曲を披露し、左伴が「私たちは⼤⼈メンバーで結成されたセクシー&クールな⼥⼦ユニットです︕ユニッ ト名には⾊気や官能という意味があります。私たちのパフォーマンスでセクシーさや⼤⼈っぽさを感じていただければと思います︕」と挨拶。宮崎は「お昼から刺激的じゃないですか︖」と笑いを誘い、「本来であれば2⽉に開催予定だったライブから 9 ヶ⽉延期となり、今⽇を楽しみにしてい ました︕チームの垣根を超えた、6 ⼈の公演を楽しんでください︕」とコメント。茂⽊は「みなさんがマスクの中でにやけてしまうようなセクシーな公演にしたいです」と意気込みを語った。 


続いて込⼭が『ジッパー』、左伴が『Sheʼs gone』を披露。加藤・篠崎・宮崎による『抱きしめられたら』などを挟み、茂⽊が『Hate』、宮崎が『Blue Rose』、篠崎が『わるなん』、加藤が 『誕⽣⽇ TANGO』をソロで披露した。 ソロ曲はメンバーがそれぞれ歌いたい曲を選曲したということで、MC では込⼭が「ずっとやってみたかった念願の『ジッパー』が歌えて嬉しいです︕」と楽曲への想いを語り、宮崎は「何年もや っていますが未だにソロは緊張します」と感想をコメント。 続いて 6 ⼈全員で『Teacher Teacher』『⾶べないアゲハチョウ』『HA︕』などの楽曲を、 SENSUALITYらしい情熱的なパフォーマンスで魅せ、『Party is over』で本編を終了。 


アンコールは『ロマンス拳銃』『ウインクの銃弾』とアップテンポな 2 曲で盛り上げ、加藤が 「またぜひSENSUALITYでステージに⽴ちたいです︕本⽇はありがとうございました︕」と挨拶。最後は『Mosh & Dive』で劇場内を湧かせ、公演のラストを飾った。 


●『GRATS(グラッツ)』待望の初公演でパフォーマンスもゲームも真剣勝負︕

新ユニット振替公演のトリを飾ったのは、大森美優柏木由紀佐々木優佳里馬嘉伶武藤十夢吉川七瀬の6名で構成されたゲーム好きなメンバーユニット「GRATS」。 『ミュージックジャンキー』『Show fight︕』など4曲続けて披露し、武藤がユニット名の 「GRATS」はコングラッチュレーション(おめでとう)が由来となった相⼿を祝福する意味のゲ ーム⽤語から命名されたことを伝えた。馬嘉伶が「9ヶ⽉お待たせしました。早くみなさんに会いたいなと思ってました」とコメントすると、柏⽊は「個⼈的にはファンのみなさんの前でのライブが8ヶ⽉振りなのでめちゃくちゃ緊張してるんですけど、みなさんと楽しい思い出を作っていきたいと思います」と意気込みを語り、26 歳の誕⽣⽇を迎えたばかりの武藤は「みんなで教え合いながらいろいろな曲を練習しました。本当は思いっきりコールして欲しいセットリストなので、 今⽇は思いっきりペンライトやうちわなどで応援してください︕」と挨拶した。 


柏⽊・佐々⽊・⾺嘉伶が『初めてのジェリービーンズ』『混ざり合うもの』の2曲を。武藤・吉川・⼤森が『ずっと 前から』『思春期のアドレナリン』の2曲をパフォーマンス。 また、今⽉ 23 ⽇に開催した『AKB48 e 運動会』にも触れ、柏⽊が「e スポーツユニ ットとして活動したいです。次のゲームのイベントがあれば活躍したい︕」と、今後の GRATSの活動を切望する⼀コマも。サイコロを使った⾵船爆弾ゲームや、柏⽊・佐々⽊・馬嘉伶のチーム(柏⽊チーム)と、武藤・ 吉川・⼤森チーム(武藤チーム)に別れて、コナミから借りしたダンスバトルゲーム機 『popʼn music peace』で対戦。⼤森・吉川が連勝し武藤チームが優勢だったが、柏⽊と武藤の最終対決では、2⼈とも終始真顔で真剣勝負。柏⽊が⾒事勝利し、柏⽊チームが⼤逆転を果たした。 


アンコールでは、『ハイテンション』『47の素敵な街へ』で全⼒のパフォーマンスをみせ、劇場内のボルテージも最⾼潮に。柏⽊が「ゲームもいっぱいやって、みなさんの前で公演ができて良かったです」と本⽇の感想を語り、最後は『君のことが好きだから』を披露。武藤が「他のユニッ トに負けないように精⼀杯頑張りますのでこれからもGRATSをよろしくお願いします︕」と 挨拶し、2⽇間に渡った新ユニット振替公演『2020 AKB48 新ユニット︕新体感ライブ CONNECT 祭り♪』を締めくくった。 


AKB48 は、来たる 12 ⽉ 8 ⽇(⽕)に『AKB48 劇場 15 周年』を迎える。 今年の『AKB48 劇場 15 周年特別記念公演』では、この 15 年で発表した AKB48 楽曲の中から “厳選した 98 曲” をメンバー1 ⼈ 1 ⼈が歌い繋ぐ「ソロ歌唱メドレー」の形式で実施。 くじ引き抽選で決定したメンバーと楽曲の意外な組み合わせに、ぜひ注⽬してほしい。


ⒸAKB48