2021年1月22日(金)より、映画『さんかく窓の外側は夜』が全国公開される。本作は、霊が<祓える男>冷川(岡田)と、<視える男>三角(志尊)の二人が、“除霊”という特殊能力を使い未解決事件に挑む、除霊ミステリーエンターテイメント。連続殺人事件と呪いの謎に隠された真実に、冷川と三角の心霊探偵バディはたどり着けるのか――?



この度、霊が“祓える男”冷川と、霊が“視える男”三角、さらに呪いを操る女子高生・非浦英莉可のキャラクター紹介映像が解禁された。

霊を祓える力を持つ冷川は、刑事・半澤(滝藤)の依頼を受け、警察の未解決事件もその能力を駆使することで、事件解決へと導いてきた。三角の体に触れると霊をはっきり視ることができるため、三角を自分の助手になるよう誘う。一方、人としての感情が欠けていて、コミュニケーションが上手くとれない。映像の中では「人が死んでいるのになんとも思わないのかよ」と感情を露わにする三角に対し、「どうしたんです、三角くん」と冷静に応じる場面も。過去や素性が明らかになっていない謎の男だが、三角とバディを組んだことで冷川の人間性も徐々に変化していく。

書店で働く一見普通の青年・三角は、幽霊が視える特異体質に悩まされていた。ある日、職場にやってきた除霊師・冷川に「ずっと霊が怖くてたまらないんです」 と思いを打ち明けた三角。冷川からの「僕といれば怖くなくなりますよ」という一言で、除霊師の助手になり、予測不能な冷川の行動に翻弄されながらも、事件の解決に挑む。本映像では、三角の霊が視えることに対する恐れや、冷川との出会い、さらに三角自身が強さを身に着け成長していく姿も垣間見える。

呪いを操る力を持つ女子高生・英莉可は、父親の指示で、呪いで人を操る“呪い屋”をしている。本映像では「先生」と呼ばれる謎の人物を崇める父親に反発する姿が収められており、特殊能力を持ったがための心の葛藤や苦しみを垣間見ることができる。冷川と三角と出会うことで、英莉可の運命は変わっていくのか――?是非注目いただきたい。


■映画『さんかく窓の外側は夜』

2021年1月22日(金)全国公開
出演:岡田将生 志尊淳 平手友梨奈 滝藤賢一 マキタスポーツ 新納慎也 桜井ユキ 和久井映見 筒井道隆
配給:松竹

(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita / libre