WOWOWでは、世界最高峰の映画の祭典「第93回アカデミー賞授賞式」を、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターより独占生中継する。例年2月下旬に行われるアカデミー賞授賞式だが、今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮して、2021年2月から、4月25日(現地時間)の開催へ変更となった。ノミネーション発表は3月15日(現地時間)に予定されている。

第92回アカデミー賞授賞式では、松たか子が日本人として初めてアカデミー賞のパフォーマンスの舞台に立ち、イディナ・メンゼルほか、世界各国のエルサ役と共に『アナと雪の女王2』から“イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに”を熱唱し盛り上がりを見せた。そして、予想が難しいと言われていた作品賞は、ポン・ジュノ監督による韓国映画『パラサイト 半地下の家族』がアジア単独映画として初めて獲得。監督賞をはじめ、脚本賞、国際長編映画賞で最多4冠を達成し話題となった。

第92回アカデミー賞授賞式より Troy Harvey / ©A.M.P.A.S.

WOWOWの日本のスタジオでは、今回も案内役としてジョン・カビラが出演。さらに、新案内役として、映画好きで知られるフリーアナウンサーの宇垣美里の出演も決定した。作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞などの全世界が注目する発表の瞬間をナビゲートする。




<ジョン・カビラ コメント>
今回延期をしてもアカデミー賞を開催するということに、アメリカのショービジネスの底力と情熱を感じました。まさに“SHOW MUST GO ON”ですよね。このニューノーマルな状況の中で、アカデミー賞がどのようなアレンジをして世界中を楽しませてくれるのか期待しています。前回は『パラサイト 半地下の家族』の受賞で沸きに沸きました。毎年目が離せないオスカーですが、今回もなにか起こるのではないでしょうか。是非ライブでハラハラドキドキしながら、僕たちと一緒に楽しんでほしいですね。

<宇垣美里 コメント>
今回案内役のお話を頂き、いち映画ファンとしてとても嬉しいです。毎年楽しみに見ていた映画の祭典を皆さんにお届けする役を頂けて本当に光栄に思います。前回の『パラサイト 半地下の家族』の受賞はとても刺激的でした。このコロナ禍の難しい状況の中で、映画館で上映した作品もあり、また配信で楽しめた作品も多く、色んな形で映画に接することができたのではないかと思います。アカデミー賞は年々多様化していているので、今回はどんな新しいことが起こるのか、とても楽しみです。


■生中継!第93回アカデミー賞授賞式

放送日:2021年4月26日(月)[WOWOWプライム]
案内役:ジョン・カビラ、宇垣美里