Sexy Zoneの中島健人と俳優の斎藤工が23日、都内で行われた「開局30周年 新生WOWOW発表会」に出席した。



初共演の斎藤を「色気の権化」とリスペクトする中島は「僕も10年セクシーを背負ってきたけれど、その10年のセクシーでぶつかっても工さんの前では小僧と化す。工さんの存在感にはまだまだ勝てない」と完敗宣言。さらに中島は「工さんの思慮深さや言葉の奥深さを聞いていると、より工さんのことを知りたくなる。人間として男として」と惚れ惚れしきりで、当の斎藤を「そんなことを言われると好きになっちゃう」と照れさせていた。



中島と斎藤は同局のCMキャラクターに就任。今回の起用に中島は「素敵なクリスマスプレゼント。メリークリスマス」と気色満面。明日のクリスマスにちなんで中島が「もし君がプレゼントなら…そのリボン、今すぐほどいていいかな?」と全国の女性ファンにメッセージを送ると、すかさず斎藤が「セクシー・サンキュー!」と合いの手を入れるなど、すっかり意気投合していた。


中島はCM撮影を振り返り「工さんの隣は緊張します。ビジュアルも工さんのようにした方がいいのかなと思って前日にパーマをかけました。でも似すぎるマズイと思って当日に髪の毛を切りました」と報告。すると斎藤も「私も実は大人担当の雰囲気にした方がいいのかなぁと撮影前に意識していました」と明かし「お互いいないときに同じように相手の存在を想い合っていたことが判明して…おじさんまたキュンとしました」と中島の言葉に射られていた。