12月31日にNHK総合ほかにて放送の『第71回NHK紅白歌合戦』(19時30分〜23時45分)に、今年の春から11月まで放送された連続テレビ小説『エール』の出演者が、紅白の舞台・NHKホールに登場。スペシャルパフォーマンスを披露することが発表された。



主人公・古山裕一役の窪田正孝、そして古山裕一生涯の友となった村野鉄男役の中村蒼と、佐藤久志役の山崎育三郎という“福島三羽ガラス”に加え、その3人に大きな影響を与えた恩師・藤堂清晴を演じた森山直太朗とその伴侶・藤堂昌子を演じた堀内敬子も登場。連続テレビ小説「エール」の舞台となった“福島”にゆかりのある出演者たちが、NHKホールに集結する。



「エール」というドラマを通して深い絆を結んだ出演者たちが、ヒロイン・古山音を演じた紅組司会・二階堂ふみへ、お世話になった福島のみなさんへ、さらに日本中へ向けて、新しい年に向けた“エール”を贈る。