2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響から、様々なものが一時停止を余儀なくされた。不要不急に仕分けられたエンターテインメントもその一つだ。しかしピンチはチャンスとはよくいうもので、若手俳優の小西詠斗も今年1年を前向きな言葉で振り返る。「蓄積の年だった」という2020年、そしてテレビ東京 水ドラ25『テレビ演劇 サクセス荘3』(2021年1月6日深夜1時28分〜)からスタートする新年への思いを聞いた。


昨年本格的に俳優デビュー。「色々な作品を経験したことをきっかけに、真剣にお芝居に取り組もうと思えた2019年。そのままの勢いで迎えた2020年でしたが、コロナの影響で仕事がなくなったり、延期になったり。でもそんな状況下であっても、練習をしたり、ステイホームの時間を使って作品を見たり、知識や技術を蓄えることができた。蓄積の1年でした」と2020年を総括する。



二十歳の年でもあった。「大人に見られることへのプレッシャーがありましたが、同年代の友達と一緒にいると、自分の成長を感じます。この子たちと比べたら自分も落ち着いてきたのかなぁって」と笑う。

俳優としての活動に対して、学生時代の友人や親から感想が届く。「最初は恥ずかしくて『観ないでほしい!』と思っていたけれど、今では『どんどん観て!』と思うようになった。俳優業始めたての頃は何もできずに自信もなかった。今は色々と経験を積ませていただいたこともあり、ちょっとは自信が出てきた気がする」と進歩を実感している。


でも満足感を得たことはない。「学生時代は自分のことを器用な方だと思っていました。とくに記憶力には自信がありました。ところがお仕事を始めてみたらもっとすごい人が多くて、僕とはレベルも次元も違う。毎回一生懸命やっているけれど、ほぼ毎日のように落ち込んで家に帰っています」。



沈んだ心を立て直してくれるのは、俳優仲間とのオンラインゲーム。「休日には3時間くらい『スプラトゥーン』をやっています。俳優さんのお友達と一緒に電話をしながらやっていて、そこで仕事の話もする。先輩たちの話を聞いたりすると、落ち込んでいる場合じゃないと思わされる」と改めて気を引き締める。



継続は力になる。だから“リハは1度だけ”“本番一発勝負”という新感覚ドラマ『テレビ演劇 サクセス荘3』への再登板は何よりも嬉しかった。「前回はとにかく必死で、余裕がありませんでした。再びお話をいただけたことは、リベンジのチャンス。本当に嬉しかった」とやる気をみなぎらせている。前回同様、マジシャンを夢見る306号室の住人・ケニー役。「手品の腕前も上げたいので、これからどんどん練習をしていきたいです。トランプマジックが得意になりましたが、今も色々なマジシャンの方の動画をチェックして勉強中です」とレベルアップを誓っている。

2021年は蓄積を放出する1年にしたい。「自分の蓄えた力を信じて、最大限に発揮していきたい。浮き沈みの激しい仕事だけれど、いい波に乗っていきたい。自分へのご褒美は学生時代から大好きなカロリーメイト。チョコ味が一番好きです!」と希望を持って新年を迎える。





文:石井隼人

写真:加藤千雅



水ドラ25「テレビ演劇 サクセス荘3」

■放送局:テレビ東京 テレビ大阪 テレビ愛知

テレビ東京 テレビ大阪放送日時:2021年1月6日スタート 毎週水曜深夜1時28分〜1時58分

テレビ愛知放送日時:2021年1月6日スタート 毎週水曜深夜1時35分〜2時5分

BSテレ東 / BSテレ東4K放送日時:2021年1月11日スタート 毎週月曜深夜0時〜0時30分

■出演:

和田雅成 高橋健介 髙木俊 黒羽麻璃央 spi 立石俊樹

有澤樟太郎 定本楓馬 玉城裕規 寺山武志 小西詠斗 唐橋充

※劇中部屋番号順

■原案・プロデュース

松田誠(ネルケプランニング)

■脚本

徳尾浩司 川尻恵太(SUGARBOY) ニシオカ・ト・ニール

■監督

川尻恵太(SUGARBOY)

■プロデューサー

漆間宏一(テレビ東京) 滝山直史(テレビ東京)

中川亜佐子(テレビ東京) 徳永睦(テレビ東京)

芦田政和(ジャンプコーポレーション) 沢口恵美(ジャンプコーポレーション)


■制作

テレビ東京 / ジャンプコーポレーション

■製作著作

「テレビ演劇 サクセス荘3」製作委員会


衣裳クレジット(小西詠斗) /ブルゾン・パンツともに/Cookman 

スタイリング:本多由佳(M) 

メイク:有村美咲