女優・広瀬すずが、WOWOWにて2月27日に前編、3月6日に後編が放送される『ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-』にてドラマW初登場にして初主演を務める。


同作は、俳句と様々なジャンルのコラボを成功させてきた俳人・堀本裕樹の青春俳句小説『桜木杏、俳句はじめてみました』(幻冬舎文庫)を基に、芸大生リリックライター・桜木杏と、俳人でコピーライターの連城昴が織りなす“言葉”をめぐり、熱く魂がぶつかり合う青春グラフィティ。


人との関わりを苦手とし、下宿の部屋で一人でラップのリリック(歌詞)を考えるのが日々のささやかな楽しみでありながら、ラップと共通点を持つ俳句に興味を抱く杏を演じるにあたって「変になろう」と決意したという広瀬。ドワンゴジェイピーnewsでは、演じていく中で変化した杏の印象や、ドラマを通して得た「言葉」への気付き、共演の宮沢氷魚らとのエピソードなどを彼女に聞いた。



――俳句とラップの異色コラボを描く今作ですが、ストーリーを聞いてどう思いましたか。


「最初は内容の想像ができなかったので、『どんなドラマになるんだろう』『大丈夫かな』と思う部分もありました。でも実際には俳句とラップが同時に出てくるシーンはあまりなくて、人に思っていることとかを言葉を通して伝えるために、力を借りるものとしてラップや俳句が出てきているので、違和感なくすんなり受け入れられましたね。」



――今作を通して得たもの、感じたものはなにかありますか


「杏は『孤独を感じながら生きている女の子なのかな』と思いながら演じていたんですが、作品を通して、『やっぱり人は人と話すことが好きなんだな』と思いました。私はもともと積極的に言葉で人に伝えるタイプではないけれど、やっぱり言わなくちゃわからないし、ちょっとした言葉を通して色んな人に伝わっていくんだなと思うと、まだ知らない世界や見えていない景色がいっぱいあるんだろうなと、改めて感じました。」




――広瀬さんが日頃、言葉を使ってコミュニケーションを取る上で意識していることはありますか。


「私は相手のトーンに合わせる方ですね。たくさん喋りたいタイプの人だったら、話しかけてくれた時に話が続くし、相手に気を遣ってたくさん喋ったりするようなこともあまりないです。いっぱい喋るのが好きではない方もいると思うので、その境目を見分けるように意識しています。」


――「今までになかったお芝居をしたいな、と色々試行錯誤しております」とコメントされていますが、実際にいかがでしたか。これまで演じた役柄と違いはありましたか。


「杏は変わった性格の女の子だったので、『変になろう』と思ってセリフにちょっと変な間を入れたり、人との距離感もつかみづらい役として最初は演じたりしていたんですが、やっていく中でだんだん愛くるしいキャラクターになっていったんですよね。その事に調子に乗ってしまって、途中から変人にするのを忘れちゃっていました(笑)。」

――台本を読んでいるだけで楽しいラップバトルのシーンもありますが、ハゲボウズ役で本物のラッパーでもある板橋駿谷さんとのバトルはいかがでしたか。


「すごく楽しかったです。現場の雰囲気もすごい良くて、目の前のことに集中できる環境でした。板橋さんは『なつぞら』で共演した仲の良い方だったので、すごく楽しめました。もしバトルの相手が板橋さんじゃなかったら遠慮して緊張しながらやっていたと思うし、大変だったろうなと思います。」


――原作・堀本裕樹さんのコメントで、撮影に入る前に模擬句会を行ったとありましたが、どんな雰囲気だったのでしょうか。


「私と宮沢氷魚くんと安藤ニコちゃんと、堀本さんを入れた6人くらいで、静かな中で淡々とやりました。『喋っちゃいけないのかな』みたいな雰囲気で、客観的には地味に見えるかもしれないんですけど、発表の時にはめちゃくちゃドキドキするんです。みんなが自分の句を褒めてくれたり、ストーリーを想像して感想を言ったりしてくれる瞬間はうれしいし、思っていた以上に楽しかったですね。助監督さんがお盆支度にまつわるご家族とのエピソードを詠んだ句をみんなが選んでいて、嫉妬しました(笑)。」



――広瀬さんはどんな句を詠んだんですか。


「覚えてるのは、夜食を食べすぎてお腹が出たっていう句です(笑)。出たお腹が臨月みたいだ、みたいな句を詠んだんですけど、誰にも理解されなくて。みんな『夜食は軽食だ』って言うので、『夜食はがっつり食べるものでしょ!ラーメンとか食べるんじゃないんですか』って言ったら堀本さんに『いや僕はお粥とか』って言われて(笑)。あまりわかってもらえなかったんですが、説明したらみんな笑ってくれました。」


――宮沢さんはどんな句を?


「銀杏は臭いけど、やっぱり季節を感じて嗅ぎに行っちゃうっていう句。人柄がにじみ出た、かわいい人なんだなって思える句でしたね。その隣で私は『あ〜夜食のこと書いちゃったな』って(笑)。ひとりアホみたいなテンションでいっちゃって反省しました。」



――現場の雰囲気はいかがでしたか?撮影で印象的だった出来事などありますか。


「夏川結衣さんがすごく明るくて面白い方なんです。夏川さんは映っていないシーンなんですが、ラップバトルをするシーンのリハーサルで「泣いた...最高よ...」って泣いてくださってて(笑)。最高に面白い、パワフルな方でした。」


――杏の日々のささやかな楽しみは、近所の掲示板に貼られている”言葉“を愛でることと、匿名でラップのリリック(歌詞)を作ることですが、広瀬さんの日々のささやかな楽しみはなんでしょうか。


「ゲームをやることです。今は外に出られないので、ひとりでやったり、友達と通信でやったりしています。」




――杏が俳句を“はじめてみた”ように、広瀬さんが2021年に新たにはじめてみたいことはなにかありますか。


「ピラティスですかね。ほぐしながらインナーマッスルを鍛えるのはやっているんですが、ちゃんと機械を使いながら体を伸ばすピラティスをやりたいなと思っています。あとは陶芸もやってみたい。料理をし始めてから食器が好きになったので色んな食器を買ったりしていたんですけど、自分で食器を作ってみたいなと興味があります。」


――最後に今作を楽しみにしている方に、五・七・五形式でメッセージをお願いできないでしょうか。


「なんだろう...うーん...

『杏ちゃんのかなり強めのクセが好き』」


――一同爆笑)無茶振りをすみません...(笑)。ありがとうございました!



文:山田健史

ヘアメイク:河北裕介

スタイリスト:丸山晃

撮影:SHIN ISHIKAWA(Sketch)

衣装クレジット:

ワンピース ¥70000 (アキラナカ/ハルミPR)

インナー ¥14000 (ルシェルブルー/リステア・ルシェルブルー総合カルタマーサービス)

ブーツ ¥35000 (クラークス オリジナルズ/クラースジャパン)

ピアス ¥18000 (ソワリー/ソワリー)