本当の母娘ではなかった…。第6話より第2章に突入した、菅野美穂が主演、浜辺美波が共演の日本テレビ水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 』(通称:ウチカレ、毎週水曜22時〜)。

第5話までの第1章はエキサイティングラブストーリーと言われている通り、毎話巻き起こる恋のハプニングを経ながら、母娘の絆や仲良しっぷりが堪能できる内容となっていた。

だが、第6話以降コミカルなストーリーが一転、母娘に最大のピンチが訪れる…。というのも、第6話で仲良し母娘・碧と空は実の母娘ではないことがわかり、さらに、第7話では空の実の両親の正体が明らかとなるのであった。




空の実の父親の正体とは、碧が“かつて本気で愛した男”である一ノ瀬風雅(豊川悦司)。そして実の母は碧同様に一ノ瀬のことを愛していた女性・星野鈴(矢田亜希子)だったのだ。


一ノ瀬という同じ男性を愛してしまった碧と鈴。  碧と鈴が初めて対面した時、鈴は既に一ノ瀬の子供を身ごもっていたが、その時すでに一ノ瀬は鈴の前から姿を消していた。その話だけ聞くと、なんとも最低な男…!という印象を抱かずにはいられなくなるが、碧は妊娠した上、持病を抱えていた鈴を放っておけず、鈴の出産を献身的にサポートするのであった。しかし、鈴は出産後すぐに亡くなってしまう。そんな鈴が残した子供を碧は育てていくことを決意。その子供こそが空だった。



その事実が発覚した時、空はショックを受け取り乱してしまう。一度は碧に暴言を吐き、碧からビンタされてしまう場面もあったが、その後空はサリーに「かあちゃんの娘がよかったーー!」と本音を吐露。これまで小さなトラブルこそあれど、とてつもなく大きな問題に直面した碧と空。その2人を演じている菅野美穂と浜辺美波の感情をぶつけ合う演技は圧巻で、視聴者の涙を誘った。


第7話ラストで、碧が空に鈴の写真を見せ、ここまで空を育て上げてきた苦労や想いを涙ながらに語ると、空も碧に改めて感謝の気持ちを伝え、出生の事実を受け入れ、2人で鈴のお墓参りに行くことに。そこで空は「一ノ瀬風雅どんな男なんだ、私がぶん殴ってやる!」と啖呵を切ったのだった。



第7話で発覚した、空の実父の正体。その人物を演じているのが豊川悦司で、主演の菅野美穂との共演は実に16年振りとなる。日テレドラマ公式Youtubeでは、菅野、浜辺、そして豊川の3ショットインタビューが公開されており、菅野は「脚本の北川悦吏子さんの作品には欠かせない存在の俳優さんですので、その世界観を誰よりもご存じの方が来てくださるというのは、とても心強いです。共演させていただけるのは光栄」と、これまで『愛していると言ってくれ』、『半分、青い。』など北川氏の脚本作品に出演してきた豊川に全幅の信頼を置いていた。


浜辺も豊川の印象を「びっくりするくらい一段上の存在なので、いまだに不思議な気持ちで演じています。こんなダンディなお父さんいいなあとすごく思いました(笑) 」と話し、豊川も「一ノ瀬風雅は果報者だと思いますね、こんな美人親子が訪ねてきてくれて(笑) 」と冗談交じりにコメントしていた。

そして、今夜放送の第8話でいよいよ空と実父・一ノ瀬が対面を果たすことが、既に公開されているあらすじや予告映像で明らかになっている。



生みの母と育ての母、二人の母を捨てた実の父・一ノ瀬風雅(豊川悦司)の存在を知った空(浜辺美波)は、まだ見ぬ父に鉄拳を食らわせたいという気持ちを抱く。そんな折、風雅の居所を知った碧(菅野美穂)は早速、空と共に風雅の暮らす島へと向かう。

そしてもう一つ、第8話のみどころとして注目したいのは、空と空を取り巻く男性陣との関係だ。空が一目惚れした相手・渉と、空の大学の同級生で空に片思い中の光が一触即発…!?空の人生の一大事に自分だけが蚊帳の外だったことを知った渉(東啓介)は、空が光(岡田健史)には悩み相談をしていたと知りショックを受ける。光をライバル視する渉は、おだやに光を連れ出し、空を諦めない、と恋の宣戦布告。俊一郎(中村雅俊)やサリー(福原遥)の目には、空に必要なのは渉ではなく光だということが一目瞭然だが……。

その他にも、おだやには珍しく漱石(川上洋平)が訪れ、ゴンちゃん(沢村一樹)と酒を酌み交わす。二人は、かつて好きだった男に会いに行った碧に想いを馳せる……。そしてその頃、碧と空は風雅の元に泊まることに。実の父に怒りを感じていたはずの空だが、屈託のない風雅の態度を前に、いつの間にか“親子”のように順応していき……。しかし、事態は最悪の結末へと向かっていた。


最悪の結末とは一体…!?実の父娘の対面や、空を巡っての宣戦布告など、ハラハラ・ドキドキの展開になりそうな『ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 』第8話は今夜22時より日本テレビにて放送。