昨日20時から放送された、テレビ朝日系「ミュージックステーション2時間SP」にSnow Manが出演。今回デビュー曲『D.D.』のカップリング楽曲である『Crazy F-R-E-S-H Beat』を地上波で初披露した。



『Crazy F-R-E-S-H Beat』はデビュー前の2020年1月16日にYouTubeにDance Video(YouTube Ver.)を公開。公開直後からSnow Manファン以外にも拡散され、話題となり、今年3月時点で約3000万回再生を突破した。中毒性のあるリズムと、何度も見たくなるようなメンバーの息の合ったパフォーマンス、そして、一度聴いたらまた聴きたくなるような「ッタッタ〜ラタッタ〜ラ」というサビのリズム。そこに加えて、メンバーの岩本照が振付を担当した、身体が自然と動くような、真似したくなる振付に、YouTubeの再生回数が伸びた要因があるだろう。


 先週12日に歌唱曲が解禁されてからは、生放送までの期待の声が続出。「Snow Manの沼にはまった曲!」「地上波でみられるなんて!」「Snow Manファン以外にもみてほしいな」など放送までの期待の声が続出した。


 そしてファンが待ちに待った『Crazy F-R-E-S-H Beat』はジャニーズJr.のIMPACTorsと共にパフォーマンス。16人で魅せるパフォーマンスは圧巻。「ミュージックステーション2時間SP」出演後にも、楽曲・パフォーマンスへの絶賛の声が多く届いている。Snow Manを初めてみたSNSユーザーからも「ジャニーズだと思わなかった」「Snow Manすごい!」との声が届いている。


今回パフォーマンスした『Crazy F-R-E-S-H Beat』は、4月7日にリリースされる「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」DVD/Blu-rayの本編でもパフォーマンスしているので、是非チェックしてもらいたい。また4月8日から「滝沢歌舞伎 ZERO 2021」も新橋演舞場と御園座で開催される。4月から「それSnow Manにやらせて下さい」の地上波レギュラー番組がスタート、夏にはメンバーラウールの主演映画も公開される。今年もSnow Manの活躍に目が離せない。