電子コミック配信サービス「めちゃコミック」でランキング1位を獲得した、CMでも話題の人気漫画『RISKY〜復讐は罪の味〜』が実写化。地上波ドラマ初主演の女優・萩原みのりを迎え、3月25日よりドラマ特区枠にてドラマ『RISKY』として放送を開始する。


本作は幼い頃に両親を失い、姉に育てられたヒロインが、姉の人生を狂わせた“女”に復讐を仕掛けていく、スリリングで急展開な痛快ラブ・サスペンス。恐ろしい復讐を企む主人公・広瀬ひなたを萩原が、謎に包まれた好青年・浅井光汰を、宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)が演じる。


オンライン形式にて開催された合同取材会で、萩原・宮近がドラマの魅力や撮影エピソードを語った。



原作を読んだ印象を聞かれた萩原は「正直、好きなシーンだらけでページをめくる手が止まらなくて。いつも原作がある作品の実写化をやらせていただく時には、好きなコマや印象的だったシーンに付箋を貼っていくんですけど、付箋だらけになってしまいました(笑)」と告白。「どのシーンもどの表情も自分でやってみるのが楽しみでしかなかったです」と笑顔を浮かべた。


また宮近も「光汰は印象に残るセリフがさまざまな箇所であるんです。そのセリフが出るまでにどれくらいの起伏があったのか、そこを大事にしないとなということで、難しいけど挑戦的にできるので、楽しいです」と楽しみながら撮影に臨んでいるとコメント。「最近『不幸な美人ってエロいよね』ってセリフを撮ったんですけど、自分が台本を読んで想像したよりも印象に残るようなシーンになったかなと思うので、楽しみにしていてもらいたいですね」とアピールした。


そんな宮近の様子を、萩原は「いつも本当にニコニコしているんですよね。ずっとニコニコしている印象。いつも楽しそうです」と微笑みながら見守る。宮近は「僕はニコニコしているんですけど、萩原さんは僕よりはニコニコしてない(笑)」と冗談めかしつつ、「同世代の俳優さんと共演した経験があまりないので、台本の読み方や、台本を読んだ上での演技プランをお話されているのを見たりして、『俳優さんってすごいな』って改めてリスペクトできる方。背中見て頑張ります」と萩原を称賛した。



今作出演にあたっての周囲の反響については、宮近が「リハーサル中にお話を聞いたので、Travis Japanのメンバーにも共有したら『また決まったの?』みたいな感じでした。高校生みたいなリアクションしてましたね。松田元太とか中村海人は『え、マジ!』って鼻の下伸ばしてました。吉澤閑也はよくわかんない表情してました」と明かす。萩原は「私は初めて地上波でのドラマの主演をやらせてもらうということで、ずっと昔からお世話になっているスタッフさんだったり監督から『ちゃんと進んでるな。頑張ってるな、楽しみにしてるよ』ってたくさん連絡をもらって、すごくうれしかったです」と喜びを噛み締めた。


作品の展開にちなんだ『最近ゾッとしたことは?』という質問には、宮近が「取材とかで『笑ってください』って言っていただいて、自分なりのスマイルを撮っていただくんですけど、プレビューされた写真を見返すと、笑っているはずなのに笑っていないんですよ。スマイルが下手になっているな、と。年なのか...。もうちょっとといろんなものを見て『笑うってなんだろう』って考えようと思いました」と回答。


萩原は「初めて山下リオさんとお会いしたときに、まったく同じステッカーを携帯に貼っていてビックリしました。共通の友達がいて、その友達が個人的に作っているステッカーなんです。たまたま共通の友達がいたこともその場で知って、他で付けている人を見たことがなかったので本当にビックリして、それをきっかけに仲良くなりました」と、劇中では復讐の相手を演じる山下リオとの運命的なエピソードを明かした。


さらに、撮影時に起きたハプニングとして、萩原が宮近との共演シーンを回顧。「この間撮影したシーンが春設定で、私ノースリーブで宮近さんは半袖だったんですけど、爆風が吹いていて、本番中に震えを止めることができないくらい寒かったんです」と振り返ると、宮近は「萩原さんの髪が風で目にかかってて」と頷く。萩原が「私の顔が髪の毛で真っ黒になってて」と、あまりの強風で髪が自身の顔を覆っていたと語ると、宮近は「犯人みたいな感じで(笑)」と笑っていた。



【クレジット一覧】

萩原みのり 

ヘアメイク 石川奈緒記 

スタイリング 李靖華


宮近海斗  

ヘアメイク 浅津陽介

スタイリング  柴田拡美


TSUTAYAプレミアム/TSUTAYA TVにて最新話が、テレビ放送より1週間前に先行配信中!