結成6周年を迎えるわーすたが、3月27日にTOKYO DOME CITY HALLで「わーすた6周年ライブ〜会場まるごと ROCKYOU〜」を開催した。単独では今年初となる有観客ライブのため、会場はこの日を待ちに待った、ファン達のペンライトで埋め尽くされた。


お馴染みのOVERTUREからスタートすると、生バントをバックに従えわーすたが登場。みきとP作詞・作曲の『萌ってかエモ』からスタートすると、代表曲である『最上級ぱらどっくす』や、人気曲『清濁あわせていただくにゃー』など次々に披露した。


廣川奈々聖は

TDCのステージに立つのは2回目。その時は、まだデビューしたばかりで小さな存在でしたが、こうやってワンマンで立てるTDCは初めてで、一歩一歩大事に踏みしめながらパフォーマンスしました。

その時は、こんなに堂々とステージに立つなんて想像つかなくて、笑顔も作れなかったです。

堂々とMCをして、笑顔を見せることができるようになったのは奇跡だと思います。

もし、”わーすた”じゃなかったとしても”わーすた”のファンになっていたと思うし、

生まれ変わったとしてもわーすたになりたいと思うほど魅力的で大好きなグループです。

7年目も5人で頑張っていきたいです。

とMCをしながら、廣川や小玉などは涙などを流しそうになり鼻をすするシーンも。


ライブ終盤では3月3日(水)にリリースされた最新曲『春花火』を歌唱。ステー上に桜が舞う演出とともに披露すると、感極まって涙を流すファンの姿も印象的だった。


こちらの曲は、3月25日に『春花火 Another ver.』もYou Tubeに公開されており、泣ける映像として話題沸騰中である。


アンコールのMCでは、今夏に新曲をリリース予定との情報や、スカパー!衛生劇場でライブ映像の独占放送もされることが分かった。今後も「わーすた」から目が話せない。