菅田将暉と永野芽郁が29日、都内で行われた映画『キネマの神様』(8月6日全国公開)の完成報告会見に野田洋次郎、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子、山田洋次監督と出席。なお登壇予定だった北川景子は、体調不良で欠席した。




タイトルに因んで、自身にとっての映画館の存在について聞かれた菅田は「今となっては職場という緊張感がある。映画を観ていると徐々に別の世界に行けて刺激と学びがあるけれど、やはり緊張感がありますね」と俳優ならではの感覚で「自分の映画が上映されていなくても、映画をここで流してもらっているんだ…という緊張がある」と明かした。しかし横にいた永野に「どうっすか?」と同意を求めるも、永野は「いや…」と返答に窮して、菅田は「ないみたいですね!」と照れ笑いだった。


そんな永野は「初めて自分が出演させてもらった映画が上映される映画館に行ったときは不思議な気持ちで。そこに行くと今も当時の感覚を思い出す。私はこれからもここで頑張っていけるのだろうか…と。不思議な場所です」としみじみ。野田は「見知らぬ他人同士が同じ冒険や経験をしてその日を終える。それは素敵な行為。そんなたまたま一緒の場所にいたという偶然さえも奇跡的な体験だと思える場所」と詩人のようだった。


原田マハによる同名小説を『男はつらいよ』シリーズなどで知られる名匠・山田洋次がオールスターキャストで実写映画化。“映画の神様"を信じた男とその家族に起きる奇跡を描く。昨年3月に急逝した志村けんさんの遺志を継いで、公私ともに親交の深かった沢田研二が代役として現代パートの主演を務めている。


山田監督は志村さんの死について「非常に混乱しました。その時のことを今でも思い出します」と心境を語り「色々ないきさつがあり、沢田研二さんに演じてもらうということで、どうなることかと不安もあったけれど、新たな別の魅力のあるゴウを演じてくれて今はホッとしています。大事件のあった映画だなと、僕の長い映画人生の中でも初めてのことだとシミジミ思います」と感慨を口にしていた。