女優の深田恭子が12日、都内で行われた映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』(6月25日公開)の公開アフレコに、お笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也とともに出席した。


シリーズ32作目となる本作は、雲の国で生まれた雲の子・フワリー(深田)とアンパンマンたちが雲の国を救うために大奮闘する物語で、フワリーは名付けの親であるドキンちゃんと少しずつ絆を深めていく。一方、ばいきんまんが雲の国の王様になるために発明した黒い雲“バイグモラ”が大暴走し、アンパンマンが雲の国を守るために、フワリーとドキンちゃんたちと力を合わせて立ち向かう物語となっている。


愛犬に“メロンパンナ”と名付けるほどアンパンマン愛の持ち主である深田は、今回の声優起用に「昔からアンパンマンが大好きで、映画の声優としてアンパンマンに出たいとずっと思っていたので、願いが叶いました」と感慨深げに語り、雲の長老役を演じた山崎は「僕もアンパンマンが大好きで、体型もどうにかアンパンマンに近づこうという意思のもと、ボディのほうもメイクしてきました。指名いただいて感無量で、芸人人生のすべてをぶつけさせていただきました」と喜んだ。


また、フワリーは劇中で生まれたての赤ちゃんから成長し、容姿も変化して行くそうで、声で成長を表現する上で苦労した点を聞かれた深田は「赤ちゃんからの成長過程を家で練習していたら、犬がびっくりして逃げて行きました」とエピソードを明かして会場を沸かせ、本作の内容にちなんで“この人の存在によって自分が成長できた”と思う人を聞かれると「メロンパンナという犬を飼っているんですが、今13歳なんですけど、犬のいる13年と、いない13年では違うなと。犬は喜びを一生懸命、表現してくれるので、自分も嬉しいときは人にきちんと伝えなきゃなと思いました」とコメント。


一方、家族の反応を聞かれた山崎は「子どもに『実はアンパンマンに出るんだ。雲の長老役で出るんだよ』って言ったんですけど、いまいちピンときていないみたいで(笑)。毎回、アンパンマンに雲の長老が出ているわけではないので。ただ一緒に見に行こうと思っています。そこで大喜びしていただけたらなと思います」と期待に胸を躍らせた。

さらに、自身にとって困ったときに助けてくれる芸能界でのアンパンマン的な存在はいるか尋ねられると、深田は「吉田沙保里さんです。引っ込み思案の私を、どんどん前に引っ張ってくれるので、沙保里ちゃんは私にとってアンパンマンです」と答えると、山崎は「心強い人だねえ。アンパンマンより強い可能性あるもんね」と突っ込んで笑わせた。そんな山崎は竹山隆範の名前を挙げ「困ったときに助けてくるし、いつでも竹山さんがどこにいるか僕もわかるので、頼りになるお兄さん的存在ですね」と答えた。

その後、多くの報道陣を前にしての公開アフレコを恥ずかしがりながら行った深田は「皆さんがいると、ちょっと恥ずかしかったですね。収録のときは後ろにスタッフの方がいて、アニメを見ながら合わせていく形だったので、表情を皆さんに見られているのが恥ずかしかったです」と照れ笑いを浮かべ、山崎は「皆さんがシャッター音で乗らせてくれたみたいな。ただ僕の記憶ですけど、(深田と比べて)シャッターが随分少なかったですね。もうちょっと気を使ってシャッターを切っていただけたらなと思います」と苦言を呈して報道陣を笑わせた。