全世界での興行収入は1,000億円を超え、日本でも130億円を突破した“音楽自伝映画史上、最も成功した映画”『ボヘミアン・ラプソディ』が、日本テレビ系列『金曜ロードショー』で6月4日(金) よる9時から本編ノーカットで地上波初放送されることが決定した。

日本でも累計観客動員数941万、興行収入130億円を突破し、2018年度に公開された邦画・洋画の興行収入を合わせた年間総合ランキングで第1位に輝く爆発的ヒットを記録した映画『ボヘミアン・ラプソディ』。第91回アカデミー賞では、ラミ・マレックの主演男優賞を始め最多4部門を獲得した。




同名の映画のサントラ盤を含めたクイーンのカタログの総売り上げは、2018年以降、日本だけでも200万枚(フィジカルとデジタルの合算※2021年4月現在)を突破。クイーンは、CD、音楽ビデオなどの正味売上実績と音楽配信売上実績という客観的なデータに基づいて、その年のレコード産業の発展に貢献したアーティスト及び作品を顕彰する「日本ゴールドディスク大賞」において、第33回(2019年)から第35回(2021年)まで3年連続で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の洋楽部門に輝いている。(通算では4度目)


2021年はジョン・ディーコン(b)が1971年にバンドに加入して、フレディ・マーキュリー(vo)、ブライアン・メイ(g)、ロジャー・テイラー(ds)という顔ぶれのクイーン最強のラインナップが完成してから50周年にあたる記念の年。1973年のデビュー当時から彼らを熱心に応援してきた日本とクイーンの特別な関係は有名な話だが、バンドにとって重要な節目となる今年に、全世界で一大センセーションを巻き起こした、クイーンの波乱に富んだストーリーを描いた2018年最大のヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』が、地上波初放送されることとなった。

また、映画のテレビ放送に先駆け、クイーン結成50周年を記念して日本でも長らく入手困難だったクイーンのオリジナル・アルバム全15タイトルの【リミテッド・エディション】が日本でのみ5月19日(水)に再発売される。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の地上波初放送に関して、メンバーのブライアン・メイ(g)、ロジャー・テイラー(ds)、そして劇中でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックは、日本のファンへ次のようにコメントを寄せた。




<ブライアン・メイ コメント>
To all our dear fans and friends in Japan - Kampai!! Thank you for being such a great part of our lives!! Enjoy the film!!

Bri X

【訳】日本のファン、そして親愛なる皆さん、乾杯!皆さんは私たちの人生においてかけがえのない存在です。感謝しています。映画を楽しんでください!!

※Bri Xは「ブライアンの自署」…Xはサインをするときに入れる、愛情やキスを表す印

<ロジャー・テイラー コメント>
Hi to all our wonderful friends in Japan! It’s been an incredible journey and we still haven’t finished!

【訳】日本の親愛なる皆さん、こんにちは。この映画は私たちの素晴らしい冒険を描いていますが、まだ終わってはいません!

<ラミ・マレック コメント>
皆さんに、金曜ロードショーで「ボヘミアン・ラプソディ」をご覧頂けることを、とても嬉しく思います。

【訳】We are the Champions !ありがとうございます。 日本の皆さん、愛しています!




Photo by Denis O’Regan (C)Queen Productions Ltd.
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation, Regency Entertainment (USA), Inc. and TSG Entertainment Finance LLC in the U.S. only. (C)2018 Twentieth Century