DEAN FUJIOKA初となるオフィシャル写真集『Z-Ero(ゼロ)』(幻冬舎)が2021年6月30日に発売される。



タイトル『Z-Ero』に秘めた想いとは

アジア各地でキャリアを積み上げ、東京に拠点を移して約6年。もの凄いスピードと濃度で日本のエンタメ界を駆けのぼり、唯一無二の存在感を放つアーティストDEAN FUJIOKA。


作品へのオファーが途切れることのない役者としての高い評価、そして日本中の女性たちを熱狂させる甘いマスク、老若男女問わず多くのファンを魅了する爽やかで真摯なキャラクター・・・全方位から愛されているDEAN FUJIOKAという男。


全力で駆け抜けてきた30代を経て、40代に突入した彼は「これからやらねばならないことは、考えだしたらキリがない」とその疾走と進化を止めない。このタイミングでリリースする1st写真集のタイトルには、「ZERO(ゼロ)からスタートする気持ちで臨む」という想いが込められた。オールロケで撮影された迫力のある写真には、心も体もさらけ出し、大地に挑み、空に吠える、強くて美しい彼の姿が焼きつけられている。


「この写真はドキュメンタリーだ」

映画、ドラマ、音楽、絵本制作、アジアの子供たちへの支援プロジェクトなど多岐にわたるフィールドを往来しながら目覚ましい活躍をみせる一方で、40歳を迎えた2020年夏、彼自身のクリエイティビティをよりダイレクトに発揮するため、新たなる挑戦に臨む姿があった—―。


彼自身が企画し、指揮を執るアクション映画プロジェクト『Pure Japanese』(2022年公開予定)のために、ストイックに体を鍛え上げ、思い描く作品の実現に注力した日々。最強チームを組んで臨んだトレーニングによって、彼の体は理想的なフォルムへと変貌を遂げる。その過酷かつ過密なスケジュールの終盤に、究極の体となっている“今”を写真に残そうというアイデアが生まれ、この写真集『Z-Ero』の撮影へと繋がっていった。


心身ともに研ぎ澄まされた状態のまま、故郷・福島で決行された撮影は、未だかつてないDEAN FUJIOKAを切り取った貴重な“記録写真”を生み出す。まさに、ドキュメンタリー映画のごとく、誰かを演じることなく“彼そのもの”でカメラに対峙したドキュメンタリー作品ともいえる。写真集のラストには、彼自身の言葉で“心の内側”を語ったインタビューも収録。観る者の心を鷲掴みにし、強く揺さぶる刺激的な1冊となっている。


独特の世界観を持つ男と男の奇跡のコラボ

Instagramで60万を越えるフォロワーを持つ写真家RKは、DEANの映画プロジェクトにも携わった一人。「ここはどこ?」と誰もが問いたくなるような、幻想的な風景を探し出して切り取り、光と影、色彩を操ったドラマティックな作風で、世界中にファンを持つ。


今回の写真集では福島県の名所、磐梯吾妻スカイライン周辺をロケ場所に選び、その雄大な背景とディーンを巧みに融合させ、それでいて彼の存在感を強く美しく際立たせている。『Z-Ero』は、DEANのファンだけでなく、RKファンにとっても貴重な一冊になっている。


書誌情報

タイトル/『Z-Ero』
著者/DEAN FUJIOKA
発売日/2021年6月30日
価格/本体3,000円+税
版型/A4判
発売元/幻冬舎