adieu(上白石萌歌)が、6月30日(水)に1年7ヶ月ぶりとなる2ndミニアルバム『adieu2』をリリースすることを発表。早くも話題の新作から『愛って』(Words & Music:Yutaro Furutachi(2) Arrange:Yaffle)を、アーティストの一発撮りを届ける、YouTube チャンネル「THE FIRST TAKE」(チャンネル登録者440万人)にて1発撮りパフォーマンスでの初歌唱で初公開することがわかった。


新曲『愛って』は、ロックバンド「2(ツー)」の古舘佑太郎が作詞作曲を手掛けた楽曲。かねてより「女性に歌わせたい1曲」という想いで温められてきた。古舘の音楽のファンであったadieuからの楽曲オファーとの運命的な巡りあわせにより今作制作に至った。古舘も「いつの日か誰かが、この曲を遠くまで連れてってくれるような気がしていたので、ライブなど人前で自ら歌うことは避けてきた」と語る。


ミニアルバムに収録される「オリジナルver.」、そして今夜「THE FIRST TAKE」にて初公開となる『愛って』共に、Yaffleがアレンジを手掛けた。喧噪の中で「ひとつの愛」に気づいた主人公の心情を、等身大でストレートなメッセージを、adieu独特の静謐な歌声で1発撮りで歌い上げている。喧噪と静謐が同居する不思議な感覚を是非とも堪能していただきたい。


先日「THE FIRST TAKE」で公開された『よるのあと』は、公開後1週間で早くも200万再生を突破するなど話題の『時を止める声』。本日22:00よりYouTube上にてプレミア公開される「愛って」にてぜひ体験をしてみてほしい。


「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。一昨年にローンチしチャンネル登録者が440万人(※5/11時点)を突破、さらに動画総再生数が10億9000万回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。


グローバルチャンネルとしての注目度も高く、ポッドキャスト「THE FIRST TAKE MUSIC」の公開、さらに配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」の設立や次なる才能を探す一発撮りオーディション「THE FIRST TAKE STAGE」を発表するなど、今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネルである。

 

<adieuコメント>

新曲「愛って」THE FIRST TAKEで一足先に歌わせていただること、とても嬉しく思います。

The SALOVERS 時代から大ファンでした、2の古舘佑太郎さんが手がけてくださった大切な大切な曲です。古舘さんの紡ぐ言葉のひとつひとつはどれも澄み切っていて、栞のように心に挟んでおきたいものばかりです。この曲が、誰かの人生の大切な瞬間を温かく眩しく包むような光になりますように。

 

<古舘佑太郎コメント>

いつの日か誰かが、この曲を遠くまで連れてってくれるような気がしていたので、

ライブなど人前で自ら歌うことは避けて来ました。

唯一、大切な友人の結婚式で一度きり。

楽曲制作のお話をいただいた時、もしかして、と思って提案させていただきました。

adieuさんが歌う「愛って」を聴き、彼女の歌声に思わず、僕の予感は当たっていた!と確信せざるを得ませんでした。